« カレーの壺 | トップページ | 桜咲く? »

2007年2月11日 (日)

徳島ラーメンツアー

夏の家族旅行で”いのたに” 、”くにおか”と徳島ラメンの有名店を廻ったので、今回は違う店に挑戦です。

Cimg1039

Cimg1037

こちらのHPで検索して、いちおしだったので行ってみました。

”いのたに”よりもあっさりしていて、肉の甘さもちょうど良いいです。少々郊外にあるので近くの高校生が集団で部活の帰りに寄ったり、家族連れやカップルが来たりと、地元密着型ですね。

松山の子供がことりやあさひで育つように、こちらの子供はこのラメンで育つのでしょうね。ここをHPで薦めていた方は、徳島の地元の人はラメンを”中華そば(支那そば)と呼び、あまり生卵を入れないと書いておられましたが、確かにそのようでした。特にここの様に見た目よりあっさりしているラメンには生卵は要らなかったかもしれません。ご飯は合います

さて、その11時間後。地元民の後輩につれて行って貰った”東大”です。

我が母校と同じ名前なので愛着があります。

Cimg1070

(嘘をついてしまいました。済みません。母校と同じのは”大”の部分だけでした)

Cimg1075

Cimg1077

ここは見かけよりコッテリ系です。Native Tokushimanなら”いのたに”との違いを述べてくれるのでしょうが、酔っ払いの他所の者には、同じように感じました。生卵は無料ですが地元流と信じて、生卵なしで頂きます。ここは支那そばと言わずにラーメンと書いてあります。豚バラを甘く煮込んだスープにちょっと歯ごたえのあるつるつる麺は癖になります。

ただし、この二つのラメンの間に

Cimg1052 Cimg1051

もっちゃん”あわび”や”くえ”の刺身を食べながら、日本酒や焼酎を飲んだり、

Cimg1069Cimg1068

どうしても、”阿波地鶏”が食べたいとせがんで、次の店で、たれ焼きと塩焼きを注文したら、付き出しにおでんが出たりしたので、2杯目の徳島ラメンは少々きつかったです

それでも、連れて行ってくれた後輩に”年々食欲が増していますね”と褒められてしまいました (^_^;)。

« カレーの壺 | トップページ | 桜咲く? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カレーラーメンかと思わせる姿ですね。
徳島ラーメンって食べたことないのですよ。
徳島も、7年前くらいに行ったっきりです。食べてみたいですね~

ラーメンにも色々なタイプがありますね~。
福岡出身の豚骨好きにも合いますか?

わたしもお台場でわが母校の東大へ行きましたよ。

それもだけど、くえ、うん、くえが食いたい。
こっちじゃ、くえ、はなかなかくえないのですが、阿波はくえるんですねえ。くえだらけで読みにくい書き込みですが、マジにくえを食いたいです。できれば鍋付きで!

なんと、ラメン好きのAZAKOHAさんが徳島ラメン未食とは!確かに徳島まで行かないと食べられないので、行く用事が無ければ同じ四国でも口にするチャンスは無いかもしれませんね。甘くてこってりなのでライスと合いますよ。

徳島ラーメンはかなり個性的です。突拍子も無い個性ではなくて、昔なつかしの味なのですが、豚バラのコクと甘みが個性的なのです。九州人の私にもにもばっちりです。

お台場にも我々の母校があるのですね。あの味が東京でも受けるとは以外です。自慢じゃないけど(本当は自慢)、ここのクエやあわびは最高でした。ラメンより今度徳島に行かれるなら、”もっちゃん”をお勧めします。日本酒と地の魚が豊富です。店も狭いので要予約。私も地元の後輩が連れて行ってくれなきゃ絶対たどり着いていないでしょう。くえ~~(青田赤道風に)。

松山に赴任する前は徳島で働いていたので、昼食によくラーメンを食べていました。藍住インター近くの王王軒にはよく行きました。有名になって混雑するようになっていますが、近くに行ったときには食べてみてください。ところで、写真に載っている阿波尾鶏のお店はどこなのでしょう?教えていただけますか?よろしくお願いします。

始めましてでしょうか?ようこそ”勝手に松山ミシュラン”へ。徳島half nativeの登場ですね。次回は王王軒に挑戦してみます。松山にも一軒くらい徳島ラーメン店欲しいですよね。さて、地鶏の店ですが、本編でも書いたように地元民に連れられて梯子したので何処なのか分かりません。でも、魚料理の”もっちゃん”だけは写真に残っていました。最近デジカメが私のHDの役目をしてくれています。これからも遊びに来てくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/13707856

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島ラーメンツアー:

« カレーの壺 | トップページ | 桜咲く? »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009