« POCO★☆☆ | トップページ | 徳島ラーメンツアー »

2007年2月10日 (土)

カレーの壺

ナマステ~

Cimg1182

”カレーの壺”は、来日していたスリランカの青年が日本のカレールーをヒントに、帰国後作ったカレールーでスリランカの本格的カレーが自宅で楽しめる逸品です。母国では、それまでは様々な香辛料をいちいち合わせてカレーを作っていたので、その手軽さから大ヒットしたそうです。

食いしん坊つながりで、”男っとこ前お嬢さん”の”MBGBのマドンナ”AZAKOHAさんから頂きました(決して、物を貰ったからお上手を言っているのではありません)。

Cimg1179

刻んだニンニク、スライスたまねぎ、生姜ひとかけ、ばら肉(今回は豚)を炒めます。人参はバランスを考えて追加しましたが、レシピにはありません。そこに大匙三倍のルーを追加し水を加え煮込みます。

Cimg1184

ん~ん、”スリランカの香り”が届いていますか?

日本人用に辛さは抑えてあるらしいのですが、一口食べると鼻の頭にじわりと汗をかきます。日本のルーの様に小麦粉が入っていないので、さらさらとお米と交じり合います

辛さの中に、複雑な香辛料が交じり合っており、日ごろあまり経験しない予想範囲外の匂いが鼻に抜けていきます

ふと、思い出すと"ナマステ~"はインドの言葉。

スリランカの挨拶は”アーユーボーワン”だ、そうです。

« POCO★☆☆ | トップページ | 徳島ラーメンツアー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお~~作ってくれたのですね~AZA感激~~ってヒデキだった…
これ、カレーチャーハンにした方が美味しい気がします。お弁当もOK~!で、市販のルーに混ぜると、コクがでていいです。うちの職場のカレーのときもシェフが使ってくれました。おいしかったって。←私は食べてません。

今回はレシピ通りでしたが、まだ半分残っているのでチャーハンにしてみます。豚バラの代わりにひき肉にしたらご飯との絡みが良いのではと空想しています。ご馳走様でした)^o^(。

あ〜これこれ!

カレーの壺

おなし宅には、

チキン用・シーフード用・野菜用

の三種類のカレーの壺があります。

チキン用が一番辛いですが野菜用はバーモントカレーよりも辛くないです。
(甘くもないが)
シーフードはまだ試していません。

カレーの壺でつくるチキンカリーは最高です☆

うまい・うまい・辛。
うまい・辛!辛!

チキンにもみこんでから焼いても美味しいです。

豚肉でもおいしく、つくれますか?

カレーの壺はコープ自然派で買いました。

このコープは野菜やお肉も、こだわりがあり。
スーパーのものとは一味違います。

家庭食も、おいしいもの。食べたいですよね。

”カレーの壷”は通販専門だと思っていましたが、コープで手に入るのですね。それにそんな沢山の種類があるとは知りませんでした。
ご存知でしょうが、カレーと言えば花園町のラルキー大好きです。子供達には辛いのでなかなか行けませんが、行けたときには汗だく+腹一杯になってしまいますhappy01
先日載せた”田舎っぺ”も家庭的でお勧めですhappy02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/13858928

この記事へのトラックバック一覧です: カレーの壺:

« POCO★☆☆ | トップページ | 徳島ラーメンツアー »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009