« La SERA ★★★ | トップページ | 無着庵★★☆ »

2007年1月13日 (土)

高成★★☆

Cimg0834Cimg0835 さて、今日は算数のお勉強です。”真手打ちそば・うどん高成”は愛媛には珍しい、一玉100円、セルフの店です。かつては、店の裏の小屋の様なところで営業していましたが、今は店内でセルフうどんが楽しめます

Cimg0836 ここの注文方法には少し慣れが必要です。値段計算も今は自分で出来ますが、最初に連れて行ってくれた職場の上司が、4人分の値段を麻雀の点計算の様に一瞬でやってのけて皆の分をおごってくれたのがカッコよくて、魔法のようでした

まずは、店員さんにうどん玉の数を伝えますが、その時、温(あつ)か冷(ひや)を指定します。例えば、”あつ2つ、ひや2つ”と言います。

常連になると、注文しながら値段を計算します。

この時点で、うどん玉(2+2=4つ)*100円=400円ですね。

温の玉を受け取ったら、カウンター横のかなざるで温めて、横の温かいかけ汁(無料)をかけます。そこにカウンターのトッピング(かき揚げ、ちくわ揚げ、甘く焚いた千切りごぼうなど全て100円)を自分で選んで乗せます。トッピングや稲荷、おにぎりなども全て100円です

温の玉生卵(50円)をかけて”かま玉”にしても良いでしょう。

冷の玉にはつけ麺だし(100円)を付けて、ざるの要領で頂きます。

値段設定を簡単にまとめると、

うどん玉・トッピング・米類・つけ麺だしなど、殆どのものは100円

生卵だけは50円

温かいかけ汁は無料です。

Cimg0837 それでは問題です。写真はclickして拡大します。

この日私が食べた左の組み合わせは、いくらでしょうか?

うどん玉は”あつ1、ひや1”です。

これであなたも”高成デビュー”  !(^^)!

« La SERA ★★★ | トップページ | 無着庵★★☆ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

このうどん屋さん、なんて読むんでしょうね。以前から時々行ってましたが謎です。「こうなる」「たかせい」「こうせい」「たかなる」???

ほっほっー。えらく小食ですね。
ここの一玉は、半玉分くらいしかないから、写真のメニューでようやく一人前の量ですよ。私の場合は500円超えないと満足できません。
それと、かま玉は釜から揚がった熱々麺に卵を入れますので、セルフでするのではなく、お店で作ってもらいます。

おつかれです~!
前に「笑っていいとも!」のテレフォン・ショッキングで、
友近さんが登場したときに、
バックの花束の中に「うどん高成」の名札があったような・・

平皿にあるのは一品でしょうか、×2品でしょうか?^^;
いずれにしろワンコインでおさまるのかな?^^

去年秋に行った時に、うどんを茹でる取っ手の付いた金ザルを、お湯の中に落としてしまい、おばちゃんのヒンシュクをかってしまいました。^^;
ちなみにその時食したのは、あつ1、かま玉1、てんぷら2で、400円。 それにしてもいけちゃんさんのお昼にしては少なくない?(?-?)

かま玉食べたくなりました。こっちに来た頃は真似して、家でもよく作ってました。
こっちのうどんを食べたら、九州の美味しいと思ってたうどん、食べれません。
安いし美味しいし。

はじめまして。関西在住ですが、高松には何回か訪れ、車で「セルフうどんツアー」をしたことがあります。
もっと足をのばして、松山のうどんもおいしそうですねー。
かま玉たべたいぃーー。
松山に出張言われないかなー。^^

おお!ここ近いです~!!
ちくわ揚げが「死ぬ前に食べたいものリスト」のリスト20(多い・・・)に入っているので行ってみなければ・・・。

本日よりniftyが重い腰を上げたようで、コメント書き込みにPWを要求するようになりました。userとしては嬉しい限りですが、コメントのお返事を各人別々に入力する手間が出来てしまったので、今回はある程度一括してお返事申し上げます。

>おっちっちへ
”こうなる”だと思いますよ。それに店名に”手打ちそば・うどん”とありますが、ここで手打ちそばを作っているとは思えないし誰も注文したのを見たことありません。最近は店内で食べられるようになりましたよ。

>nomchanさんへ
師匠から量についてご指摘がある事はある程度想定範囲内でした(*^_^*)。この日は二日酔い明けでこの様な軟弱な量になりましたが、いつもは”ひや2、あつ2”が基本で米類とおでんを注文します。その日は昼から仕事になりません。釜玉は実際良く覚えていませんでしたが、中で作ってもらうシステムでしたか。それにしても良心的な店ですよね。

>おーちゃんさんへ
おーちゃんさんが唯一この企画の趣旨を理解し、値段についてのコメントを頂きました。有難うございます。平皿は一品で、栗が入った押し寿司でした。実はこの日最も感動した逸品でした(だって、栗が入ってこれだけ手が込んで100円ですよ)。
したがって、答えはうどん玉2つ200円+冷たい出汁(100円)+平皿一品(100円)=400円。御名算!ワンコイン以下です。

>ゆめすずめさんへ
さすが既食でしたか。自分で玉を温めるところなんて、慣れるまで戸惑いますよね。量については上記の通りです。近々、うどん玉に復讐に行かなければ!(^^)!

>アンノハナさんへ
そうそう、愛媛の豚骨が最近までぜんぜんだったように、九州のうどんもいまいちですよね。香川に行けば色んな店があるのでしょうが、ここは松山近郊では珍しいタイプの店です。nomchanさんがコメントされているように、釜玉は店の方が作ってくださるようなので是非お試しあれ。

>ひっぽさんへ
始めまして?。そうかここでは一応そうなるかも。高松でうどんツアーを済ませているなら、この店より”松山うどん”の老舗、ことり、アサヒをお勧めします。四国のうどんといっても全く違うもので面食らうかも知れませんが、癖になりますよ。柔らかい麺と甘い出汁です。松山に来るときはご一報下さいね。

>syaripomさんへ
ここの揚げ物も美味しいですが、高松にはいくらでも食べられるちくわ揚げが売りのうどん屋があると、弟が行っていました。何でも、シャクシャクシャクと、何本でもいけるそうです。揚げ物ばんざ~い!

(こうなる)
懐かしいっす。
学生時代、金の無いときに後輩におごってやりました。
高松でよく食べたうどんの感覚に近く、また不慮の事故で亡くした予備校の先輩を思い出します。

ビーグルだったか、行方不明のワンちゃん見つかったのかな?
もう5年前くらいですけど、人懐っこかったです。

うどん・うどん♪

店内やその周辺に犬は見かけなかったよ。今は店内だけの営業なので松山に帰ってきたら、しーちゃんと出かけてみてください。

ここははるか昔、あの一世風靡していた頃の中森明菜が寄ったお店。

でもそれはクルマで移動中、たまたまお腹がすいていたところに、高成があったから。

お店に貼られてる多くの色紙の中に明菜ちゃんのがあるはずですから探してみてはいかがでしょうか。

へ~、それは驚き happy01
彼女が全盛期の頃って、多分この店の裏で今みたいな形態のうどん屋さんやっていたくらい昔ですよね。
こちらの店に飛び込む明菜のセンスの良さにburing loveheart04です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/13275368

この記事へのトラックバック一覧です: 高成★★☆:

» セルフうどん 高成 [nomchan.com]
あれほど一緒に行こうねと約束してたのに、conransさんに出汁抜かれました。怒り半分、zioさんと突撃っーーーです。 場所は、中野町。感覚的には松山というよりは東温市です。 結構マスコミにも取り上げられているお店。セルフうどんなので、まずは玉数をカウンターで申し出ます。普通のかけうどんの場合は、どんぶりに申し出たうどん玉が乗せられて出てきますので、自分で湯通しして、つゆをかけて、トッピングを乗せて終わりです。 まっ、そんなにくどく説明しなくても麺通団ならわかるよね。(∂。-)-☆ 厨房では... [続きを読む]

« La SERA ★★★ | トップページ | 無着庵★★☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009