« にしきそば★☆☆ | トップページ | 伊太めし屋★★★ »

2006年12月20日 (水)

もく★★☆

何かの雑誌に紹介されていて、”遅くまで美味しい魚が食べられる店”というフレーズが気になっていたお店です。

Cimg0712 10時前に電話しておいて、野郎5人で押しかけました。

”もく”は石松うどんやバー露口の並びにある和食の店です。(電話945-9131)

Cimg0707_1Cimg0709_1 刺身は鯵や鰆、貝柱で少し仕事がしてあります。写真で切り口やエッジの立ち方を見ていただければ、大将が只者ではない事は分かります。つくねもじっくりと火を通してあり、引き締まった味わいです

男5人で押しかけたせいか、ご主人は少しとっつきにくい感じなのですが、後で他の方のblogを見ると、常連になればいろいろとお勧めがあるようです。

Cimg0710Cimg0711 ビールのつまみを頼んだところ、ほうたれと小エビのから揚げが出てきました。どちらも”さっくり”と揚がっていて、香ばしいのです。脂っこくないので幾らでも、ビールと相乗効果で入ります。

店内はカウンターと数席のテーブルがワンフロアーのこじんまりとした造りで、酔払って大声で話し込んだの少し反省 (-_-;) しています。

10数年近くも、ここでお店をやって居られるとの事で、店の奥の小さい黒板に書いてあるメニューが気になりました。カウンターの常連さんが何品か頼んでいましたが、すでに売り切れの物のありました。

次回は、少人数で大人しくカウンターデビューし、大将のお勧めを頂きたいものです

そうそう、大切なことを忘れていました。

入り口の鴨居がかなり低いので気をつけてください。我々は注意されたのにもかかわらず、5人中2人が頭をぶつけました

ここに頭をぶつけているようじゃ、この店では素人でしょう。

« にしきそば★☆☆ | トップページ | 伊太めし屋★★★ »

和食」カテゴリの記事

コメント

「もく」、学生の時に連れて行ってもらいました。
お刺身がとってもおいしかったですねぇ…
そして日本酒がおいしくって、しこたま飲んだような…
久しぶりに行ってみようかな。

でも、先日職場の忘年会で日本酒を飲み過ぎて、
1次会の途中から記憶をなくしてしまい
(でも2次会まで普通にいたらしい)、
ダンナさんから日本酒禁止令が出てしまいました。
なので「もく」に行くのはちょっと先の話になりそうです(^_^;

そうなんですよ。刺身の写真を見ていただけると分かりますが、かなりレベル高いのです。それにしても日本酒禁止令とはご無体な。でも、ワイン禁止令や焼酎禁止令が同時発令されていないなら、問題ないですね。でも、だんな様が心配なさるように、この時期、体を大切にしなくてはいけませんね。

はじめまして。
松山の「もく」の記事読みました。5年前まではよく行っていたのですが、今年、久々に行ったら、移転したのか、ありませんでした。二番町2-1-16でしたか?もし、新しい住所御存知でしたら教えてください。あそこの魚は刺身はもちろん、焼いても、煮ても美味しいですからね。小生、松山を訪れる楽しみは「もく」と「でゅえっと」と「ことり」なもので。よろしくお願いいたします。「もく」で食べた太刀魚の刺身はわが人生でも何度も味わったことのない、至福の味でした。

初めまして(^^♪ようこそ”勝手に松山ミシュラン”へ。さて、”もく”はこの時一度行っただけでその後の情報は個人的にも又聞きにもありません。ご存知の方はカキコいただけないでしょうか?「でゅえっと」と「ことり」をchoiceされている事からnative matsuyamanの里帰り前ですか?年末で忙しく、この目で”もく”情報をただちにお届けできないのは残念ですが近いうちに街に出たら”石松うどん”や”Bar露口”近辺をうろうろして様子をご報告いたしますね(^_^)v”もく”の常連さんの様なので無理にはお勧めしませんが、もし松山の美味しい魚食べたい情報をお求めならお力になれると思います。年末年始は漁が休みなので100%の実力発揮は難しいです(^_^;)が、条件にあった情報提供をさせていただきます。さてさて、一年は早いものですね。メリークリスマス(^_-)-☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/13142286

この記事へのトラックバック一覧です: もく★★☆:

« にしきそば★☆☆ | トップページ | 伊太めし屋★★★ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009