« 九州グルメロード① | トップページ | おむすび忠兵衛★☆☆ »

2006年12月27日 (水)

九州グルメロード最終章

Cimg0788Cimg0794Cimg0799 その足で湯布院遊輪で、鉄人お勧めシェフの料理(この部分は好感度を意識してさらっと流しますが、素晴らしかったです)を堪能し命の洗濯をした一行は、翌日更なるルーツを求めて湯布院の街中へと歩を進めます。

”だんご汁”って素朴な響きと文字に引かれて、昼食をとります。

Cimg0808Cimg0809 "地鶏の炊き込みおにぎり””だんご汁”です。地元の野菜たっぷりと地鶏が入った白味噌仕立ての汁は、素朴であるが故の実力を発揮します。適度に火が通って、まだ歯ごたえを残した甘みのある野菜を食べ進めると、だんごが顔を出します。小麦だけでは無いような、口解けのいいだんごは米の粉も入っているのでしょうか?それとも小麦の種類がうどんとは違うのでしょうか?

なんと、ロード2日目にて、九州麺の原型にたどり着いたではありませんか?

このだんごが細くなり、麺へ。

鳥の出汁が豚骨に変わって、九州ラメンの原型が出来たのでしょう(ちょっと辛い(^_^.)論理展開は聞き流してください)。

Cimg0816 九州麺ロードの源流にたどり着いた一行は、帰りのフェリーの中で食べる弁当を大分のデパチカ地下2階で購入し、16:10大分発ダイヤモンドフェリーで、一路松山へ。

往復がフェリーで、車の移動距離も短かったため、たった36時間で充分遊べますし、何せ旅の疲れが残りません

大分・熊本がこんなに手軽に遊べる所とは大発見でした。

« 九州グルメロード① | トップページ | おむすび忠兵衛★☆☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

湯布院、良いですよね~♪九州に居る頃はたまに行ってました。大分に親戚がいて、だんご汁はだご汁と言ってました(笑)方言かな!?

春になったら、このいけちゃんさんコースを我が家でトレースしてみます。子供づれで行きたくなりました!

実は湯布院には泊まったことないのですよ。だって、私、お風呂に弱いんです。のぼせて倒れるタイプ…
でも、美味しいもの食べたいな~~

だんご汁いいですよね、自分も大分に行くと必ず1回は食べます(どうも若い人には不評のようですが・・・)それにしても写真のだんご汁ほんとうに美味しそうですね。何というお店なんでしょう?あと大分はとり天も美味しいのでもし食べられたことがなかったら是非お試し下さい。

八幡浜で働いていた先輩は、家族旅行はいつも大分と言ってました。こっちに転勤してきても、やっぱり大分に行ってます。。。

野菜と地鶏が美味しい宿知っております・・・。
しかも安く、お風呂よし・・・。
由布岳を望みながら、喧騒を忘れて・・・。

>アンノハナさんへ
阿蘇山方面のドライブコースを通ると”だご汁”ののぼりが良く見られると聞いた事あります。地元ではそう呼ぶのでしょうね。
>conransさんへ
旅館はたくさんあってどれが良いのかは良く判りませんが、フェリーの便はこの組み合わせがお勧めです。特に帰りは松山に着くので船の中での安心感が違います。船に食堂や大きな風呂が付いていたので、次回は是非挑戦したいです。
>AZAKOHAさんへ
風呂にしっかり浸からなくても、足湯もありました。ここの宿の食事はお勧めです。福岡から一泊でこられる方が多いようです。少し怪しいカップルも居ましたけど。。。
>すーさんへ
お店は由布院の目抜き通りにありました。名前は、、済みません。忘れました。”とり天”、是非次回探してみます。
>おっちっちへ
大分はリピート率が高いのもうなずけます。一泊でそこそこ遊べるのがいいのでしょうね?私も今は八幡浜で24時間缶詰です。
>syariponさんへ
あれ、情報だけでなく宿の名前も教えてくださいな。そうそう、鳥も美味しかったけど、地の野菜も美味しかったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/13227219

この記事へのトラックバック一覧です: 九州グルメロード最終章:

« 九州グルメロード① | トップページ | おむすび忠兵衛★☆☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009