ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« LAVENDER★★☆ | トップページ | 小梅太夫 »

2006年12月10日 (日)

Gaucho Grill ★★★アルゼンチン料理

いつも”勝手に松山ミシュラン”をご愛顧戴いて有難うございます。

今回は胸のときめく様な久々のヒットです。

数週間前から開店してるのは知っていました。夜しかやっていないので入るタイミングを探していました。イタメシ屋と思っていました。

Cimg0735 "Gaucho Grill ガウチョグリル”松山初の手作りアルゼンチン料理のお店です。

”子供連れでもいいですか?”と店内に入ると、”よくぞ入りにくい、このお店にようこそ”と、笑顔のお迎え。

店内はアルゼンチンの田舎農家にどこでもドアで連れて行って貰った感じ。

写真は"Asado"はショートリブを一時間以上じっくり焼いたものを、スライスして出てきます。

全くの初体験の味。トマトソース、やや辛めのソース、ポテト、野菜の細かく切ったものが添えてあり、お好みで添えて頂きます

肉文化の香りが色濃く伝わります。素朴な材料にしっかり手をかけて、simpleに提供する気持ちが伝わります(1344円)。

Cimg0736

”エンパナーダ”は鶏肉か魚を,さまざまなスパイスと織り交ぜてパイ包み焼きした物です。食いしん坊用に2個の一つ一つを各種類づつ注文することも可能です。

一口入れると、味わったことのない調味料が肉をベースにして独特の風味を経験させてくれます。”北緯と南緯の違いはあるものの、アルゼンチンと日本はほぼ同じ位置にあるため、食文化に違和感は感じにくい”と語るのは、アルゼンチン料理店を長年広島でやってこられ、奥さんの実家のある愛媛に2号店を開いたマスター。

Cimg0738 "Chorizo Casero" オレガノやクミンなどの各種スパイスを店独自の調合したソーセージ。スペインのチョリソは、サラミのように乾いた保存食です。アルゼンチンでも保存食だけど、ここでは保存する必要も無いので、独自のブレンドスパイスを混ぜた肉をじっくり焼き上げているとの、オーナーの受け売り。

小さくきってserveされ、ワイン(デカンタも可能)と頂くと、今まで松山で未経験の異文化の香りが、一噛ごとに口に広がり、食道に落ちていったあとも口腔上方に味わいを置いていってくれます

Cimg0739_2 ご自身も広島で前進の店を長年経験され、奥様はアルゼンチン居住経験のある縁で、この店を開店させたご主人。

料理の説明もさながらに、厨房・店内に気を配り、テーブルで個人と個人の交流を大事される方の様。

初めはno flashでキジやサルの協力を得ながら、こそこそ写真を撮っていましたが、店を出る頃にはblog化のお許しを頂きました。

お見送りまでして頂いたので、厚かましくも記念撮影をお願いします。

松山初の”手作り”アルゼンチン料理。手間がかかるのでランチはされないとの事。

社交的でラテンの文化を身につけた個性的ご主人。

店員さんのさりげない笑顔。

あせらずゆっくりやりますと仰っていました。

素敵なお店との出会いに、小躍りするように帰宅するのです。

*名刺の情報*

Gaucho Grill ”手作りアルゼンチン料理” 千舟町5丁目1-5 TEL 932-5552

*紀伊国屋書店の対面ですよ。

« LAVENDER★★☆ | トップページ | 小梅太夫 »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

うわー!美味しそう♪しかも、なんか、お店の温かい雰囲気が伝わってきますね♪アルゼンチン料理って食べたことないので、今度ラブリーダーリンとぜひ行ってみます!先日来た写真バシバシ撮ってブログに載せると言っていたいけちゃんさんの親戚って言ったら、安くしてくれるかなぁ。
さて、年末からまた『昼&夜の女』生活に戻るわたくし。健康な成人女性の生活にあと少しでお別れなので、『昼間の女』生活を満喫している今日この頃です!
あっ、そうそう、元同じ部署の大先輩からの伝言です。去年は忘年会をしましたが、今年はみなさんが忙しいようなら、新年会はどうですか?とのことです。また先輩宅におじゃまして、手料理なんぞして下さる模様。
先輩のリクエストがあり、ぜひあーちゃんさんも!!とのことです。なんでもミニプレゼンでお世話になったとか。いけちゃんさん、部長さん、あーちゃんさん、その他ぜひ…という方にお声をかけていただけたら…と思います。こちらも、先日寿された元先輩などなど、美女軍団揃う予定です。乞うご期待!!またボチボチ日にちとか検討いたしましょう(^O^)/

ほほー、アルゼンチン料理とは珍しいですねえ。
誰かがいつもタンゴを踊ったりしているディープな世界が広がっているような気がします。
ソーセージとか特にうまそう。
アルゼンチンというと、アルゼンチンって男か女か?などの小学校の時のギャグをついつい思い出してしまいました。

しかし、市駅周辺も熱くなってきてますね。

あぃやぁー、実は本日のお昼にウロウロしてて、店の前通りました。
なんだか入口に圧迫感があり、中が薄暗くて入りにくそうな感じがしました。
今日は、自転車で 車井戸⇒瓢箪⇒あきら⇒周平⇒天領(大手町)と
CLOSEしてる店を巡り、昼は日曜しか動けないいけちゃんさんの大変さを
痛感したのでありました。
一風堂の行列はすごかったです。

何ができたかあの場所気になってたんですよ、 近いから行ってみます。 
松山もいろんなお店出来てて 嬉しいです。 勝手に松山ミシュランのおかげかな?

懐かしのメンバーで集まりたいですね。先輩の家でもいいけど、gaucho grillかcabareなんかがお洒落でいいかも。またメールします。

Friendlyなご主人は楽しい方でした。今まで無かった種類の食べ物が街にやって来ると嬉しいですね。conransさんの”アルゼンチン”ネタで、うちの奥さんのconransさんに対するイメージは固定してしまいました(^_^;)。

ニヤミスしていたのですね。私も躊躇していたのですが好奇心に負けてドアを開けたら意外な(いい方に)展開に大満足でした。次のオフ会にでもいかがでしょうか?実は一風堂に行きたいとの意見もあったのですが、行かなくて良かったです。3ヶ月は掛かりますかね(本当はすごく行きたいのです)。

松山、特に市駅近辺に外国料理(ラルキー、アミティエ、ルードバック、カバレ、ガウチョ、べこや?)が揃って、勝手に”松山の六本木”と命名しました。やはり今、熱いエリアでしょう。

わはは、松山の六本木ですか~~。東京タワーの代わりがクルリンで、消灯をみたカップルはシアワセを手にするとか・・いいかも!

懐かしい、ガウチョグリル。
広島に今でもありますが、店長さんのお人柄が大好きで、主人とよく通っていました。
広島のお店でしばらく見かけないな~と思っていたら松山に奥さまの実家があるのでそちらに行かれたとの事で…
広島で会えないのがとても寂しいですが、いつか松山に家族で行って訪問したいです。

広島からご覧いただきありがとうございますsmile
松山の中心地で夜を中心に頑張っておられます。南米在住経験のある店長さんはフレンドリーに話しかけてこられました。松山ではここでしか食べられない肉料理があり、好きなお店ですsign01
道後温泉、松山城にゆっくりと遊びにいらしてくださいrvcar

広島でオーナーが変わったと聞き、松山でされてるかな?と思って探していましたら ここを見つけました!
大学時代にバイトをしていたものです。広島のお店に久々に行こうと思っていたので・・ちょっと残念ですが。いつか松山に行きたいと思います!!
マスターのお元気そうな写真が嬉しかったです!

ようこそ勝手に松山ミシュランへhappy01
こちらの店は最近行けていないのですが、今でも松山のジュンク堂前のビジネス街の一等地にで、光を灯してます。とてもフレンドリーな大将なので、バイト時代は楽しかったでしょうでしょうねwink
飲屋街からは少し離れているのですが、機会を見つけて再訪し、エリザベートさんの書き込みの事を話してみたくなりましたpc これからも遊びに来てください。

残念なお知らせです。
マスターは最近御病気で亡くなり、今は愛媛県出身の奥さんがこちらの店をされているようです。
合掌。

えー マスターお亡くなりになられたのですか・・・・。

ご病気だったことは耳にしていたのですが、非常に残念です。

楽しく食べ、飲ませていただいた記憶が懐かしいです 。゜゜(´□`。)°゜。

マスターの話は直接こちらの店で伺ったわけではありません。
最近、二回ほどこちらに伺いましたが、小柄な女性がされています。多分奥さんだと思うので、詳しくは直接伺ってみてください。お店は繁盛していますよ。

返信ありがとうございます。

近いうちにお店に顔を出してみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/13015808

この記事へのトラックバック一覧です: Gaucho Grill ★★★アルゼンチン料理:

« LAVENDER★★☆ | トップページ | 小梅太夫 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2