ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 象三★★☆ | トップページ | 闘牛の鳥チャーシュー★★★ »

2006年11月22日 (水)

鶴鶴★★☆

本日は天気もいいので、行楽に行きたがる家族を説き伏せ、

”ミシュラン風・プチ松山麺通団”気取りで出発。

>> 一軒目 <<

Cimg0624 まず、 ”こうちや”の記事でご指導頂いた師匠のお勧めの”やしま”へ。 ”ボリュームが面白い”と言うお勧めに惹かれました。

所が、お休み。改めで師匠のblogではしっかり”定休日日曜日”と書いてありました。”未熟者”とのお叱りを受けそうです

>> 二軒目 <<

Cimg0625 前もってprint outして置いた、師匠のうどんHPを参考に2件目。

”うどん屋どん”、ここも、”器もでかいけど麺の量も多い”の、説明に惹かれました。所が、休みです。

サル、キジ、イヌ達は、空腹と細い道をくねくね曲がる運転に酔い、

”気持ち悪~い、吐きそう~(^_^;)(ーー;)”

”どこでもいいから食べよう~(゜o゜)”

”もう車から降ろして~(ーー;)” ”の大ブーイング。

”プチ松山麺通団”はのっけから頓挫しそうです。

>> 三軒目 <<

Cimg0626 三軒目でやっと讃岐うどん”鶴鶴”へ。

1時を廻ろうかと言うのに、外には7-8人の列があり、期待が高まります。

遠くに車を止めて歩いている内に、お供の体調も戻ってきます。

Cimg0627 15分程で店内に入ることが出来ました。

注文の後は、お決まりの”おでん””稲荷”セットで食前酒ならぬ”食前食”。稲荷も松山風ではなく甘くありません。2個目の稲荷はサルとキジに団子代わりに取られました。

Cimg0628 ”釜揚げ”中盛りで、麺を味わいます。

名前の通り、つるつる麺。歯ごたえは硬すぎも無いのですが、弾力性はあります。手打ちならではの不ぞろいの太い部分の麺は、そのもちもち感を楽しめます。するすると胃の中に流れ込んで行きます。

Cimg0630 女性陣は”鍋焼きうどん”。透明度の高いあっさりとした出汁は、昆布、かつお、さば、あじの節で取ってあるとの事。すっかり松山舌になっているキジはもう少し甘みが欲しいようですが、県外育ちの奥さんには大うけです。

出汁より麺重視の私にも、嬉しい店です。

これからの季節、休日の昼にうどん食べて昼寝をすれば、日ごろの疲れも吹っ飛びます。

« 象三★★☆ | トップページ | 闘牛の鳥チャーシュー★★★ »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

うどん屋巡りの旅、お疲れ様でした。
いかいなり3軒もハシゴしたのかと思いましたよ。

うどん屋はカルーイ昼飯向きということで、夜遅くの営業や、日曜営業してないところ多いですね。いけちゃんさんのライフスタイルからすると極めるのは難しいかもしれません。。。それと、ここでいきなり★★★つけると、他のお店では★の数が足りなくなるかも知れませんよ(笑)

いつも参考にさせて頂いております。確かにイキナリの星三つは、この後の判断に困るかも知れません。一応三ツ星が最高なので、それを超えるときは困りますね。
どこかに★の半分だけ黒い星があればいいのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12761680

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴鶴★★☆:

« 象三★★☆ | トップページ | 闘牛の鳥チャーシュー★★★ »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008