« 九州麺の旅2;長崎チャンポン | トップページ | こうちや★☆☆大豆だしうどん »

2006年11月 9日 (木)

九州麺の旅3:元祖長浜ラーメン

Cimg0551Cimg0553 JRカゴメは昼過ぎに博多に着いたと。

九州も3日目になれば、文章も九州弁になってしまうとは、しかたないったい。

”煮込み”は博多の中心地から離れた住宅街に忽然と現れる、地元の若者であふれるもつ焼きの店よ。観光客はまず知らんやろうね。

おい達も、博多に通いつめた人の先導で行ったとけど、タクシーの運ちゃんも迷ったとよ。

ここのもつ焼きは最高やったけん、絶対行かんば損よ。詳しくは説明しきらんとけど電話で聞かんね(中央区平尾1-12-22、電話092-525-1166、薬院駅の近く)。

Cimg0559Cimg0560Cimg0555Cimg0557 まずは、上のメニューの写真ばclickして拡大してみてみんね。メニューは全部食べたとけど、その中から旨そうな写真のものを紹介するけん、ヨダレ拭きば用意してから見んとよ。

左から

”特上ホルモン焼”

”みそホルモン焼”

”ハツ刺身”

”アゴ煮込み”

メニューと写真ば見たら説明はいらんやろうけど、中でもお勧めの”特上ホルモン焼”は、ぼてくりこかされるけん。

”左上の白い肉”の写真をclickして大きくして見てみんね!

脂の乗った上品で新鮮なホルモンが、小さいフライパンの上で蒸し焼きにされて出てくると。熱々を口に入れたらホルモンの(いっちょん臭くないとよ)脂の旨みが、唾液腺を直接刺激するったい。

あ~~~たまらん!また、行きたか!すぐにでも!

かなりの人気店で予約無しでは難しか。電話してタクシーで行かんね。

誰や、”九州麺の旅”じゃなか!って言いよるとは。待たんね。

Cimg0564Cimg0567Cimg0569 タクシーの運ちゃんに頼んで、長浜まで連れて行って貰って、入った"元祖長浜屋”たい。安かったし、地元の人も多かったし、驚きばい。

スープは豚骨やけど、半透明で少し拍子抜けするくらいのあっさりよ。そいけん、みんな飲んだ後にあっさり食れるっちゃんね。麺は大目やったけど、スルスル入ったね

Cimg0570 最後は、中州のニッカバーで知り合った老夫婦に勧めて貰ったカントリーバーで、踊ったとよ。近くの店のかわいかロシア人の女んこも居って、楽しかったちゃん。ごめんけど、場所も名前も分からんと。

次の日の朝起きたら、手(前足)の指が二本になって太っい爪が生えてさ、喋ろうとしても”ブー”しか、言えんくなっとったけん、驚いたったい。

これが、噂の”全身豚骨化現象”ばい

でもね、飛行機で帰ってきて、”あさひのいなりと鍋焼きを食べたら、前足の指が5本に戻ったと。

知らんうちに、体が松山化したとかね~。

« 九州麺の旅2;長崎チャンポン | トップページ | こうちや★☆☆大豆だしうどん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

長浜ラーメンは魚河岸のお兄さんたちの夜のおやつから始まったようですよ。だから24時間営業なのですね。あのあっさりがおやつだったり、お酒の〆だったりするのですね。
私はこってりした久留米の味が好きなのですが、長浜も好きです。元祖長浜屋からすこし行ったら屋台通りがありませんでしたか?そこのラーメンも美味しいですよ。
今日は分校で食べたので、まだ理性が残っています。おほほほほ

おお~~お引越しされたのですね~!!
豚ちゃんかわえ~
かわえすぎますww

あら、モノクロブタさん、かわいい!!
え??けど。また、どうして、ブタさんにしたのですか?
全身豚骨化したから?それとも・・・
ご自身をイラストで例えたら・・・こうなった・・・
・・・ということですか(笑)? こりゃ、失敬(笑) 
でも、そうとうかわいいです。(^_-)-☆

長崎弁、そうとう笑えます。おもしろすぎ!!

わわわーー「煮込み」凄い行きたい!!
特上ホルモン焼のブリブリに悩殺されました。
博多の食文化はスバラシですね。
わたしはあと鳥鍋「いろは」も大ファンです。

引越し、おめでとうございまーーす!!

>AZAKOHAさんへ
成るほど、そんな歴史があったとは。昔長浜で食べたことが一回あったので、”長浜ラーメン”=”こってり”と思っていたのですが、実は久留米ラーメンがこってりなのですね。変な英語トラバ対策に引っ越しました。これからもよろしくお願いします。
>Vijyoさんへ
ココログお勧めのテンプレートがこれでした。私のキャラにも会いそうだし、食べ物風ブログだから結構気に入っています。
>Conransさんへ
ここのぶりぶりホルモン焼きは悩殺されますよ。博多に行かれる際は是非探してみてください(予約をお勧めします)。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632190

この記事へのトラックバック一覧です: 九州麺の旅3:元祖長浜ラーメン:

» 博多の妊婦 [CONRANS ROOM]
一幸舎をズズズビズビズバ完食し、安宿に戻った。 机正面の鏡で老けた自分の顔を見ていると、サミュエルウルマンの詩「青春」が脳裏をかすめた。 「青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。曰く 驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探究心、人生への歓喜と興味・・・」 一夜限りの博多である。一杯のラメンで終わってはならぬ。ほんなこつなさけな... [続きを読む]

« 九州麺の旅2;長崎チャンポン | トップページ | こうちや★☆☆大豆だしうどん »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009