« だて・岡山ラーメン | トップページ | 鶴鶴★★☆ »

2006年11月20日 (月)

象三★★☆

Cimg0606 大人数で楽しく美味しい店を見つけました。

以前、nomchanさんが紹介されていた”象三”です。

ワシントンホテルの西の駐車場との間の道を南下してすぐ西側のビルの一階です。立派な外観に圧倒されますが(始めはラウンジかと思っていました)、中に入ると落ち着いた居酒屋です。

Cimg0607 カウンターに新鮮な魚が並んでおります。

本日は職場の歓迎会で大人数の3000円料理コース(別途飲み放題2000円)で期待していませんでしたが、刺身(貝柱、カンパチ、金目鯛など)が、旨いのです。街中の小料理屋に引けをとりません。

Cimg0611 さらに驚いたのは”せこ蟹”が二人に一つ。山陰地方で16年間過ごした私は蟹にはうるさいです。

せこ蟹は松葉ガニのメスで、子供を背負っているので、”背う子”>”せこ”の名で呼ばれています。資源保護のため、雄より漁期が短く期間限定です。値段はそんなにしませんが、小さくても味があって地元では味噌汁にします。

その外子(卵)、内子(みそ)が旨いのですが、古いのは大変です。

ここの、せこ蟹はその辺が身崩れせず、上手にボイルしてあります。外子のプチプチ感と、内子のねっとり感が山陰を思い起こさせます。松山でこの品質で出せるとは驚きです。

大げさな!と思われる方。

私は”せこ蟹”大好きで、時期にはいつも一日3-4杯は食べていました(兵庫県香住にいた頃は一枚100円だったので)。

私の前歯は2本差し歯です。

一本は学生時代のラグビーの試合。

もう一本は、せこ蟹の足を前歯で折ろうとしたときに、蟹に負けました

これで分かって戴けましたでしょうか?

Cimg0609Cimg0608 烏賊げそ、ぷりぷり。

寄せ鍋、あつあつ、うまうま。

これに、鳥から揚げやデザートなどが付いていました。

Cimg0613Cimg0615

2次会は”TOMO”へ。

解禁されたての”ボジョレーヌーボー”を、カリフォルニア巻きなどと頂きます。

6人テーブルでワインを3本も空けたので、次の日はかなり大変でした。

これからの時期、飲み会が続くと思いますが、皆様もご自愛くださいませ。

« だて・岡山ラーメン | トップページ | 鶴鶴★★☆ »

大人数で」カテゴリの記事

コメント

そっかー、ボジョレーの前に松葉カニの解禁も迎えていましたね。
ここ3年は気にしないようにしてますが、これから美味しい季節になりますね。
象三 見かけのわりには安くて美味しいですよね。
ただ、あの外観が小心者を蹴散らすスゴミがあるんでね…。

あの外観は、一見高そうですよね。それにマンションの一階だし。コストパフォーマンスがいいのでまた大人数の会でいきたいと思います。

このブログを拝見させていただき、象三に行ってきました。3000円の鍋コース+2000円2h飲み放題を注文。品目も多く、熱いうちに出してくれるので非常によかったです。おなかが苦くなるほどの量で料金的には満足のいくお店だと思います。

始めまして?ですね。いつも勝手に松山ミシュランを御贔屓いただき有難うございます。私も少しはずれのチェーン店の雰囲気の中、料理のレベル(特に魚介系の鮮度)が高い事に驚きました。じゅんさんが行って楽しかった店があったら是非教えてくださいね。これからも宜しくお願いします(^_^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12760915

この記事へのトラックバック一覧です: 象三★★☆:

» 瀬戸内四季海鮮炉端料理 象三(ZOUSAN) [nomchan.com]
象三 3っつのぞうは・・・  おいしいぞう・・、楽しいぞう・・、元気だぞう・・ だそうです。(^。^;)  つまり造語!? とりあえずの生中580円はこんな背高ノッポのグラスで来ました。でも、2杯目からは普通のジョッキ?? 何故?と尋ねたら、グラスの数が無いとの事。 ・・・実に分かりやすい回答でした。(∂-∂*)一品目、海鮮サラダ850円は刺身大の新鮮な魚が載っており大喜びしたのもつかの間…、 2品目刺身盛り合わせ2500円の魚がネタ被りまくりなのには、ちょっと苦笑…。 やっぱ、美味... [続きを読む]

« だて・岡山ラーメン | トップページ | 鶴鶴★★☆ »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009