ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 親子で庭の草取り?? | トップページ | 遊食旬菜meji菜★★☆ »

2006年10月 8日 (日)

師匠に諭され、、

私のblog道は、このままで良いのか?

ブログは更新したいけど、外食メインになってしまい、自分の味が濃い味好みに傾いている気がします。

濃い味でないと満足しなくなり、味覚の軸がぶれて来ています。

また、外食ばかりだと明らかに太るし不健康です。

Kandasanto 修行時代に戻るつもりで

師匠”神田川俊郎に会いに行きました。

師匠は私を諭すように、こう言いました(是非写真をclickして下さい)。

”花に水、人に愛、料理は心”

”そうだ!それだ!” 

私はその懐かしい一言で、師匠が私に言わんとすることを悟ったのでした。

”これからもblogグルメ道に邁進しよう!”

ChiMoriKara 悩みが解消した私は、師匠のお弟子さんの店味神田川”にて、すっぽんのフルコースをご相伴に預かります。

生きたすっぽんが目の前で捌かれて、まずは”生血”で気合を入れます。

真ん中の写真は”すっぽん八寸”(血・刺身・生レバー・内臓煮凍り、寿司)

どれも初体験の味です。決して泥臭くなく透き通った美味しさがあります。生レバーもカワハギの肝ほどあっさりでは無く、鳥レバー程は血なまぐさくない不思議な味です。

秀逸だったのは写真右の”すっぽんの煮付け”。手でつかんで、骨からしゃぶるように身を食べると、歯ごたえのある上品な身の中に微妙に野性味が残っていて、飲み込むのが惜しいほどです。

Zousui ”すっぽん雑炊”で締めると、鍋の温かさだけでは無い、体の芯から沸き上がる”ボッカ、ポッカ”した感覚に気が付きます。これがいわゆるすっぽんの力なのでしょうか。

心の迷いも晴れた私は、師匠に別れを告げて、新地の闇に消えていったのです。

PS: お弟子さんのお店での偶然の初対面で、嫌がりもせず皆と記念撮影に応じていただいた上に、目の前で”花に水、人に愛、料理は心”と唱えて下さった神田川さん、本当に有難うございました。いい記念になりました(誤解の無いように言っておきますが、私は料理の修業をした事はありません。素人です)。

« 親子で庭の草取り?? | トップページ | 遊食旬菜meji菜★★☆ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先日、私も「味神田川」に行きました。
偶然、いけちゃんのブログを発見してビックリ!
これからも楽しい情報を期待しています。

私の同僚にもおーちゃんと言う愛称の人がいます。彼は松山の人ですが奇遇ですね。同じ松でも松山にも美味しい店が沢山あるので、是非遊びに来て下さい。こちらにはカンちゃんもいます。

途中までマジに信じてましたよ~~
すっぽんは食べたことあるのですが、血は未食なんです。
大量の血には誰よりも慣れているはずなのですが…

「すっぽん美味しそうですね」と言ってみたものの 私は苦手です。

家内は好きなので 地元では「ほじろ」とか「河原」で食べるみたいですね、

しかし 神田川先生はいい事言いますね、その通り、 仕事も心がなくっちゃね、 反省中のzioさんです。 

>AZAKOHAさんへ
いわゆる”血の味”は全くしませんでした。ただしこの鮮血色には事実少し引きました。私の横の後輩は同業でありながら怖がってましたから。。。
>Zioさんへ
切り落とされた首がのたうち回る姿は(特に男としては)見るに耐えませんでした。でも美味しかったのは事実です。サービス精神旺盛な方でした。

すご~~い!と本気で信じてしまいました(笑)。
でも、なかなか出会えませんからいい出会いですねミ☆
すっぽんは、大人な感じがします(ってもう大人だけど・・・)。ボーナス出たら行ってみます!ところで、すっぽんはふぐのひれ酒みたいなものってないんですかね~?

前半で驚いていただくプランで書いたので、さっくり嵌っていただき感謝します。この店に連れて行ってくれた後輩は4回目で始めて神田川さんに会えたそうです。すっぽんの血酒なんてありませんでした。

こちらこそありがとうございました。
こんだけ喜んでくれたらこっちが幸せな気分になります。
支店もいろいろスタイルを変えてしてますんでぜひよろしくお願いします。
またのご来店お待ちしております。

書き込み有難うございます。私のblogも見ていただけたようで感激です。今度大阪に行く際は,また違う神田川系列にお邪魔しようと思っています。HPで拝見しましたがフランス料理風のお店が気になりました。”花に水、人に愛、blogは心”!(^^)!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632180

この記事へのトラックバック一覧です: 師匠に諭され、、:

« 親子で庭の草取り?? | トップページ | 遊食旬菜meji菜★★☆ »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2