« Komachi騒動 その2 | トップページ | いよてつ高島屋北海道展 »

2006年10月22日 (日)

ミシュラン流 しまなみ観光

秋晴れの中、以前から行ってみたかった、しまなみ海道方面にふらりと。

時間が掛かりそうだったので今まで躊躇していましたが、各方面の道路が充実していたので、半日で充分楽しめました。

私はあまり車を飛ばしません。今回はタイムを記入しますので参考にしてみてください。

Sigematu_gaikan (11時30分)午前中の仕事を終えて帰宅。今治出身の同僚に”ここに行かずして今治B級グルメを語るな”とまで言われた”重松飯店”の電話番号(0898-22-6452)をナビに入れて、松山市内の自宅から北条バイパス経由でいざ出発です。道は比較的空いています。

Tamago_don (12時40分)重松飯店の駐車場に車をいれて、名物”玉子焼豚丼”にレンゲを差し込んだ時間です。ご飯の上に、味のしっかり付いた焼豚と半熟の目玉焼き二つが載っていて、醤油の香ばしい秘伝のタレが掛かっています。これをレンゲで”カツカツ”と混ぜて口に入れると、天にも昇る気分です。

この店を教えてくれた同僚の言葉が私をここに向かわせました。

”高校の頃、部活の帰りに友達と玉子丼食べに行こうと相談しただけで、口の中にジワーと唾液が湧き上がったものだった。”彼も今では立派なメダボリックおじさんです。

Curry_yaki (12時46分)ダイエットとベルトの箍(たが)が、同時にはじけ飛び、他の人が食べているのを見てたまらず注文した”カレー焼き飯”を口に運び入れた時間です。常連っぽい、メタボリック系の男性が大盛りを食べていたのを見逃しません。ぱらぱらの米とピリッと香ばしいカレー粉が鼻腔に広がります。おでんもウマカッタナ~。

_gaikanJyerato (14時32分)しまなみ海道経由で生口島の”平山郁夫美術館(0845-27-3800)”と、その横の”耕三寺”の見学を終え、その間の道沿いにあるドルチェジェラートを口に運んだ時間です。ダブルにして、一つは地元の塩味、もう一つはこれも地産のレモン味です。塩味は初経験でしたけど、バニラのすっきりした甘みの後に、微妙な塩味がします。それが甘みを引き立てるのです。期待以上の味でした。

Gaikan_20Maju (14時49分)駐車場の前の”みまや”饅頭を買って、駐車場の車の中で一つ口に放り込んだ時間です。薄い蒸したあっさりした皮に上品な漉し餡が入った一口サイズで10個500円でした。予定外でしたが、購入して良かった~。

Photo_8Taoru (16時08分)今治タオル美術館(0898-56-1515)の4階のテラスにある中華料理専門店王府井(ワンフーイー)です。点心が美味しいとの事で訪れたのですが、ディナーは17時からとの事。今回は展示品の大きなアイスの写真で我慢です。アイスの中身はタオルの原料のコットンです。

Cimg0462Cimg0463 (18時05分)もう一人の今治出身の同僚の”今治の人でここを知らない人はいない”との言葉に動かされて、夕食に向かった”伊予水軍(0898-32-2000)で、魚の煮つけ と海鮮丼に嬉々として箸を付けた時間です。予約席は一杯だったので、自由席を求めて早めに行ったつもりでしたが、我々が入店して20分後には15人以上の人が並んでいました。活気がある店です。海鮮丼の刺身はこれでもかと言うくらい大きく新鮮です。

Cimg0464Photo_9 (18時15分)注文してから炊き上げた”うに飯”が、机に届き、ふたを開けてその磯の香りを充分楽しんで、今からしゃもじで混ぜようとしている時間です。うにと炊き上がったばかりの米をしゃもじで混ぜて、おこげも入れて口に運ぶと、、、、これからの5分の記憶は殆ど無く、気が付いたら空っぽのお釜が目の前にありました。

(19時45分)海岸線を松山に向かい、自宅についてPCを立ち上げた時間です。

こんなに色んなものを食べ歩いても(間に観光もしています)、この時間に帰ってこられるなんて驚きました。北条バイパスとしまなみ海道が完成したおかげでしょう。

”日帰りしまなみグルメ”、、、癖になりそうです(*⌒▽⌒*)。

PS: 英語トラバがかなりの勢いで来るので、一時トラバ閉鎖します。

カキコは開けていますので宜しくお願いします。

« Komachi騒動 その2 | トップページ | いよてつ高島屋北海道展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

重松飯店。。。懐かしい。高校生の頃行ってました。大盛りがすごいんです。。。

いやあ、このコース濃いですね!
イケちゃんコースを今度たどってみようかなあ。
最後のうに飯は、記事読んでるだけで卒倒しそうになりましたよ。

>おっちっちへ
ご存知今治(近辺)出身のK君に当日朝勧められて向かいました。それまでは王府井に決めていたのですが、彼の勧め方が上手だったので乗ってしまいました。こんな良い店が高校からあったなんてうらやましいです。
>conransさんへ
意外と近いので驚きました。伊予水軍はtsumarans,chibiransも喜ばれると思いますよ。家のtsumaransは、いざ店に着くとその道の細さにビビリ、車の運転に自信が無いと直前に申し出たのでbeer抜きでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632187

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン流 しまなみ観光:

« Komachi騒動 その2 | トップページ | いよてつ高島屋北海道展 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009