« フルーツパーラーみしま★★★ | トップページ | ようこそ”勝手に松山ミシュランへ” »

2006年8月17日 (木)

もつ鍋かないのラーメン★★☆

鳥の軟骨・すり身が練りこまれた麺のラーメン”に出会ったことがありますか?

八坂通りと勝山通りの間の道をうろうろしていると最近気になるお店があります。

以前プチオフ会のメンバーでも前を通った事があります。

もつ鍋の”かない”です(HPはここをclick)です。

Kanban_macro_1 場所はHPで確認してください。おにぎり忠兵衛の近くとでも言いましょうか?写真をclickして拡大していただければ店長の笑顔でお迎え看板がみえるでしょう。新装開店の花輪があり、開店してそんなに時間は経っていないようです。店内は以外に広く新しいだけに清潔感があります。

Nabe_1 キャベツ、ニラなどの野菜たっぷりもつ鍋を、まずは注文します。その時、プチ独身(3日限定)2日目の私は、火が通ったばかりで、もつと醤油の旨みをまとったキャベツとニラをシャクシャクと咀嚼・吸収します。

博多で安くて旨い焼酎の友として始まった”もつ鍋”は、今や本場でもチェーン店含め広がり"野菜を補給できるヘルシー食”として女性を中心に人気です。

Ramen_6 でっ、出ましたo(*゚□゚)==○)=○)

これが、鳥の軟骨・すり身を少量の小麦と練り合わせて作られた麺”です。

これは麺と呼ばれるべきものなのか?

それとも”つなぎを入れて細長く伸ばしたつくね”と呼ばれるべきなのか?

その”麺のようなもの”が、今まで"嫌というほど野菜の甘みを受け止めた"もつのダシに包まれて、 ”つー、ツルツル~”と喉を刺激しながら、胃に落とし込まれていくのです。

咀嚼した”麺のようなもの”と”さまざまな味を受け止めたダシ”は、鼻腔に醤油の香りをまといながら拡散していくのです。

プチ独身2日目の何軒目だったかは、ご想像にお任せします。

本人ですら覚えていませんから。。。

« フルーツパーラーみしま★★★ | トップページ | ようこそ”勝手に松山ミシュランへ” »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

先を越されましたね、 2階の店に行くのでネタが無くなったら いつかやろうと思ってたのですが 実は一度も行った事無いんですよ、

今度行って見ますね、 思いのほか ディープな店だったんだ、

昨日は松茸食べてました。テポドンの影響で、中国産でした。。。

>zioさんへ
済みません。団体で前を通ったら吸い込まれてしまいました。リピートしたくなる味でした。いきなりラーメンは無いと思うのでzioさんはおなかを空かせて行くか、もつ鍋を食べる要員を連れて行かれたほうがいいかも。
>おっちっちさんへ
なるほど、そんな影響があるのですね。私は徳島でリゾート中です(今日帰るけど)。台風の影響で吹き飛ばされそうになって外プールに入りました(ある意味貴重な体験でした)。

ディープな店というよりも、気さくな店という表現が似合うと思いますよ。
店内の作りも、それほど重たくはありませんでした。
ずいぶん前の事だったので、味のほうは忘れてしまいましたが
餃子なんかも美味しかったと思います。

ラーメンにありつくためには、もつ鍋を制覇しなければならないと思っていますが、いかがでしたか?そこがサイドメニューのつらさですよね!でもキャベツが旨かったのは間違い有りません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632146

この記事へのトラックバック一覧です: もつ鍋かないのラーメン★★☆:

« フルーツパーラーみしま★★★ | トップページ | ようこそ”勝手に松山ミシュランへ” »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008