ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 酒八★★☆ | トップページ | 独身1日目 »

2006年7月30日 (日)

Viola★★☆イタメシ

いつもはあまり”オサレ”な店には行きません。正しくはヤローだけでは行けません。

今回は、以前から気になっていたイタメシ屋に、女性とお出かけです(nomchanさんに以前指摘されたので、今回は正直に”奥さんと”行った事を最初に宣言しておきます)。

Gaikan_1Tai ”Viola ビオラ”は、三番町を市役所方面から大街道に向かう道沿い北に、スポット的現れるかなり気になっていた店です。

Focacha_1 階段を上がると、意外と広くで明るい店内に驚きます。食前酒を頼んで、メニューをゆっくりと選んでいる間に、自家製のフォカッチャ(イタリアの密度の詰まったパン、オリーブオイルに付けて食べるのは、イタリアの習慣のようです)。

前菜に”真鯛のカルパッチョ”を選びました。薄く切った鯛の刺身にハーブが載っており、オリーブオイルにまぶしていただきます。新鮮な真鯛の鼻腔に抜ける白身の味わいが、オイルで引き立っています。

Siro_rebaUmi_pasta ”鶏の白レバー”で出来たパテは、横に添えて出てくる、少し固めの薄切りバケットに塗って、サクサクと口に運びます。舌を刺激し、脳幹を軽くゆすった後に、上品な程度に後味を残す、かなりの逸品でした(部分的★★★)。

パスタは”ウニ”を選びました。ネットリとパスタに絡みつくウニソースは、フォークを止められません。

一息ついて、店内を見回すと、ワンフロアーのオープンスペースで、シェフの動き・バンダナを巻いた助手(彼らがバンビーノ?)、カジュアルな服装で、ぐっさん似のホールマネージャーの動きが客席から一望できます。バイトのおねーさん達は、まだまだぎこちない動きだけどそれも新鮮。

まったくの私見ですが、シェフとホールマネージャーは似ているのですが、兄弟でしょうか?

KositujiP1000434 メインディシュは

”骨付き仔羊のグリル”

”ほろほろ鶏のクリーム煮”

店の雰囲気を壊さないように、フラッシュを焚かなかったので暗めの写真で済みません。

仔羊は、大きな肉が二つ。脂身も上品にグリルしてあります。骨の周りが旨いのは分かっているので、失礼して骨元を手で持ってかぶり付きました。骨の周りの肉は、歯で齧りとって食べるのが旨い!

ほろほろ鳥はフランスの高級食材。初めて頂きました。鶏肉系なので微妙な味の違いは表現しにくいのです。チキンより、肉自体に味があって、そのあっさりした食感・繊維のほどけ方に比べ、舌の奥に残る野性の風味が新鮮です。昔中国で食べた鳩に似ているかも?

この店の料理はイタリア風を維持することにかなりのこだわりを感じます。フォカッチャで始まる事から始まり、一つ一つのdishがヨーロッパの0.8掛け(日本の1.5倍)位の量を維持しています。

二人で、食前酒>前菜>パスタ>メイン>スイートを、相談して好きな一品を頼んで半分ずつ頂くことをお勧めします。それでも普通の胃袋の女性二人には多いでしょう。

P1000435Guinness 一息ついたら、jyujyuで生ギネスを楽しみます。ここはいつも垢抜けたお客さんで一杯です。自慢のカツサンドは、お腹のスペースが充分開かなかったので次回にしました。

Chasyu_2Pitan やはり、最後は締め中華。焼き飯にピータンは3分で胃袋に消えていきました。

(訂正とお詫び)

前回のblog記事で、1次会で帰宅した組を”恐妻家帰宅組”と表記しましたが、”愛妻家帰宅組”の誤りでした。ここに訂正し、ご迷惑をお掛けした関係各位の方々にお詫びを申し上げます

m(。-_-。)m

« 酒八★★☆ | トップページ | 独身1日目 »

洋食(仏・伊など)」カテゴリの記事

コメント

何故に このオサレなお店にご夫婦で?

① 毎日旦那だけ飲み歩いているので、休みの日くらい「連れていけ」と言われた。

② オサレな店に行くためには『女性同伴』出ないとならないが、「恐妻家」…もとい…「愛妻家」なので『妻』以外の女性は考えられなかった。

③ 「鬼嫁」…もとい…「良妻」の誕生日

④ 浮気がばれた!! 

さて、どれですか?

ここは家内と娘は良く行くらしいのですが 私は近いのに一度も行った事ないです。 量多いんですか? そんな事一言も聞いていないんですけど・・・ でも 日祝休みでは 行けないもんね、

仕事でこういうところ連れて行く人居ないから 自前で今度行ってみよう

アル中オリではなく、こういう「オサレ」なお店にオリエンテーションしてくださいよ~!
イタ飯屋さんでいえば、私の親友夫婦がやっているお店がありまして・・・、
そこもおいしいので、ぜひ今度行ってみてください!
場所は2番町、三越対面の角の2階、CHAPPAQUA(チャパクア)というお店です!
私の知り合いだと言うと、安く・・・してくれる・・・はず・・・。いや、どうだろう?
お酒の種類とかもそれなりにあるし、職場の飲み会とかにもけっこういいと思うのですが・・・。またご検ください!

(訂正とお詫び)が面白い!!
座布団5枚プレゼントしたい。。

>nomchanさん
いつも鋭いですね。かっこよく④と言いたい所ですが、お察しの通り②>①です。奥さん以外とオサレな店に行ったときは、裏ミシュラン(近日立ち上げ予定?)に載せます。
>Vijyoさん
nomchanさんの④の期待に答えるためにCHAPPAQUAにお誘いします。暑気払い飲み会したいですね。
>おーちゃんさん
お褒めの言葉恐縮です。前回のblogを見た”恐妻家”と言われた奥様がご立腹?だったようで、即刻訂正記事を載せました。私がその同僚のいつものユーモアに満ちた話から”勝手に”想像していました。失礼してしまいました
m(。-_-。)m。

奥様とお二人と言うところがオアツイ~
やっぱり、暑気払いに行かねば!

いや、ちょっと・・・
nomchanさんの④の期待には、ちょっとこたえられませんので(笑)、
まぁ、②あたりで・・・よろしくお願いします。

>AZAKOHAさん
そうです!行かなければ!”生”ご存知?いい感じにビール三昧に漬かれますよ。アメリカ人になる前にお願いします。
>Vijyoさん
つれないの~。それでもあきらめずにお誘いします。

ひとつ質問です。いつも一度に最低2軒、いや3軒はアップしてされていますが、本当に!一度に召し上がってらっしゃるのですか???そうなら、、、相当凄い、、、、健啖家なのですね!^^;

はい!健啖家とはお褒めの言葉、有難うございます。複数人で出かけることが多いので他の人の皿まで写真を撮っているのは事実です。遊びに出たら基本的には食い物屋のはしごをしています。その代わりかつて97Kgあった体重を78kgまで絞ったので、外食する日の朝昼は基本的に食べないようにしています。これからも宜しくお願いします。

あてどない検索の末たどりついた「勝手にミシュラン」、夫が(まだ寝ないのか;)とあきれるのを尻目に一気に読んでしまいました。洋食や料亭系にはレスが少ないとのことですが、私はこちらのほうがお気に入り。ウイスキーバーのれんが亭は私の中でも三ツ星ですし、アルゼンチン料理のガウチョ・グリルは(ここはきっとおいしい!)と目をつけていたトコロ、記事と写真を本当に楽しませてもらいました。やっと求める松山のグルメ情報に出会えました。早速「お気に入り」に登録し、明日(すでに今日!)のランチから活用します。PS、瓢月(ひょうげつ)といううどん屋にぜひ行ってみてください。鶴鶴のご主人もお勧めのお店です。11:30~20:00定休日月曜、夏季はひやひやがオススメです

ようこそ”勝手に松山ミシュラン”へたどり着いていただきましたhappy01小躍りしたくなるくらいの嬉しいコメント有難うございます。私も奥さんに”まだ寝ないのか”と言われながらブログ作成にハマっています。洋食系ではvinvinoがお勧めですが既食でしょうか?瓢月はよく味十味と梯子しますが込んでいることが多いですね。実は洋食系はあまり強くないので(飲みに行くのが同世代の職場の男性仲間なので)お勧めがあったら教えてくださいね。これからも気長になるつもりなので気が向いたらカキコ宜しくお願いします(^^♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632138

この記事へのトラックバック一覧です: Viola★★☆イタメシ:

» TRATTORIA Viola [nomchan.com]
いけちゃんさんやzioさん が絶賛しつつも、 オッサンだけでは行けぬというので、ズーッといけないでおりました。 しかし、その禁断の掟を破ってconransさんと行っちゃいましたよ。ヽ(*^^*)ノ三番町通りに面しているものの、地味な入口で2Fにあるものですから 気をつけていないと、気づかないで通りすぎてしまいます。 店内は明るいワンフロアー。厨房もオープンキッチンでセンターにどーんと位置しています。 入口のところのメニューボードには1300円のコースしか書かれていませんでしたが、席に座... [続きを読む]

« 酒八★★☆ | トップページ | 独身1日目 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2