« あるグルメブロガーの妄想 | トップページ | 郷屋(ごうや)★☆☆もつ鍋 »

2006年7月14日 (金)

St.bar;夏風邪の治し方?

2日前より全身の筋肉痛と悪寒を伴う風邪にかかってしまいました。

日ごろの不摂生が原因だとの厳しいご意見もありましょうが、それにへこたれてはMBG Bloggerの名に恥じます。

ここに、1グルメブロガーが昨夜、如何にして風邪に立ち向かったかを、お教えします。

1.朝から終日寒気と筋肉痛に襲われ、だましだまし仕事をします。

2.17時に解熱剤を2錠内服、すると汗がたっぷり出て1時間後にはかなり楽になりました。ただし、これは5時間弱しか効かないのは周知の通り。

3.ステーキハウスで赤ワインとともにステーキ200gベリーレアー、ガーリックライスを食します。この頃はまだ写真を撮る余裕はありません。

4.妖艶な美女達を伴い最近お気に入りのSt.barでカクテルを。

20060713_stbar 健康を考え、トマトのカクテルやかぼちゃのカクテルを戴きます。

この頃には写真を撮る余裕も出てきました(店の人に”フラッシュはご遠慮下さい”と注意されました)。ごめんなさいm(__)m

この店は前に紹介した、Hungryの姉妹店で、バーテンさんの雰囲気と店の雰囲気がかなり素敵な場所です。行き方はSt.barをクリックしてみてください。

5.だんだんと夜も更けるにつれて、解熱剤の効果が切れて痛みや熱がぶり返します。アルコールも入っているので何の事かよく判らなくなってきます

ここでへこたれては成るものかと解熱剤1錠追加

6.最後のダメ押しに、以前紹介した辛面屋韓国冷麺をかきこみます。

  すると冷麺の唐辛子のせいか、追加した解熱剤のせいか、汗が出て再び楽になってきます(注意;解熱剤と過度のアルコールは同時に使用してはいけません!まねしないで下さい)。

7.後は、どうなったかよく覚えていませんが、ハッキリと言える事は、

  今朝しんどいのは風邪では無く”二日酔いと食べすぎ”ということです。

  ともかく、風邪は直ったようです(本当かな?)。

  

« あるグルメブロガーの妄想 | トップページ | 郷屋(ごうや)★☆☆もつ鍋 »

お酒を楽しむ」カテゴリの記事

コメント

うちの職場でも風邪ひきさんが増えています。ハワイの新婚旅行帰りの輩は”サーズちゃん”と呼んであげています。うちのメタボリックな輩は葛根湯を2袋づつ4時間おきに飲みながら仕事してました。”葛根湯飲んだら汗が出るんよね~”って。いけちゃんさんも方法は違いますが、似たような治し方ですね~
ちなみに私はバカだから風邪ひきません(-_-;)

↑上に同じ・・・。 

そういえば、風邪には生肉が効くと言ってた医者がいたなあ。

暑中お見舞い 及び
風邪のお見舞い申し上げます。

St.barいいですよね。
前にロフトを借りてダーツ大会なんかもしました。^^

 いけちゃんさんのこのブログファンの妖艶な美女です!先日はありがとうございました♪とてもおいしゅうございました(^^)
さすがミシュラン先生だと先輩も部長さんもおっしゃってました!(^^)!
 いつものようなお元気がないのを心配しましたが、私はてっきり空腹のために(私達がお待たせしたせいで・・・)お元気がないのかと思っておりましたところ、お風邪をひかれていたとのこと。そのような時に申し訳ありませんでした(_ _) いつものようなするどいつっこみがないので、いけちゃんさんは本当はもの静かな紳士なお方なんだと感激しておりましたが、そうではなくお風邪でしんどかったのですね。St.bar3階のロフトのお部屋も素敵でしたね♪またぜひ飲み会に誘ってください\(^o^)/

>Azakohaさん、nomchanさん
私も2年ぶりくらいの大風邪でした。葛根湯に関して薀蓄を。様々な成分のうち、生姜の成分が粉末にすると効果が減るそうです。その為、生生姜をすったものと、葛根湯を白湯に溶かして飲むのが有効だそうです。発熱を促し初期の風邪の治療に有効ですが、その作用から分かるように、元気の無い人(高齢者、病人)には不向きだそうです。また、風邪の初期以降は効果が余り期待できません。私も今回試しましたが”時、既に遅し”でした。それまで、この方法で何度と救われています。是非お試し下さい。漢方専門のお医者さんから聞きました。

>おっちっちさん
その人は多分"風邪には肉ですよ、肉!”と力説する、幼稚園から高校まで無遅刻・無欠勤の基礎体力がわれわれとは違う方のことでしょうか?

>おーちゃんさんへ
まさか、上海からのカキコですか?理屈は分かっていても特別な気がしますね。有難うございます。ロフトも見学させてもらいましたが、お洒落な場所ですね。

>妖艶な美女さんへ
体調不十分で失礼しました。っていうか、私はいつもは毒舌家では無く、紳士なのです(多分)。これからも当blogご贔屓を!

やっとこのブログに入ることができました~~。嬉しい!先日は口の中でとろけるようなステーキ、ありがとうございます!!
途中で解熱剤を飲んでいたとはさすがグルメに対する情熱には頭が下がります。韓国麺を食べるときに流れていた汗はすごかったですね。風邪は治りましたでしょうか。夏風邪は一番つらいですよね。エアコンがなく汗がだらだら流れるつらい生活から救われ夏を乗り切れると安心しているところです。お洒落なお店や美味しい食事にとっても興味があるのでこれからもミシェランいえ、ミシュランを楽しみにしてますね。
妖艶な美女のシスターズより

>メルリンさんへ
いらっしゃいませ。このblogのリンク集にあるblogもかなり充実していますよ。その辺を見て回ると、松山B級グルメ情報満載です(微妙にlinkで繋がっています)。オフ会などもあり楽しいのでこれからもclickしてみて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632129

この記事へのトラックバック一覧です: St.bar;夏風邪の治し方?:

« あるグルメブロガーの妄想 | トップページ | 郷屋(ごうや)★☆☆もつ鍋 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009