« 瓢太、全国進出か! | トップページ | 夏本番! »

2006年6月25日 (日)

耕庵(砥部店)★★☆と砥部観光

県外からの友人一家を、砥部町に案内しました。

Kouan_kanban_2 晴れ間が覗いて良かったです(*^ワ^*) 。 33号線を砥部町に入ると、右手に大きな看板が見えます。いつの間にか大きな高架橋が出来ていて驚きました。うどんと言っても讃岐系ですが、東京の人には香川も愛媛の同じのようです。

Kouan_kakiageOden_1 ここの特徴はなんと言っても、大きなパリパリしたかき揚げ!丼からはみ出している大きさなのにさくさくと食べられます(写真はえびのかき揚げで一押し)。うどんもつるつる・しこしこの讃岐うどんです。

友人;どうして”うどん屋”に、それも夏なのにおでんがあるの?

私;どうしてって、うどんにおでんは四国の常識だよ。ラーメン屋におでんの店もあるよ。

友人;へ~、でも、なんでうどんにおにぎりや稲荷すしなの?

私;だって、うどんはおかず。お米はご飯でしょう。

友人;ふ~~ん。

友人妻;ここのうどんはしこしこして美味しいけど、顎が痛くなるわね!

私妻(ちなみに県外者);でも、松山の本当のうどんは、軟らかくて出汁が甘いのよ。

*翌日、”ことり” → ”みはぎの(おはぎ)の松山下町ツアーにもお連れしましたが、    こちらのうどんの方が評判良かったです。”昔はこの辺に銭湯が有って、その周辺に鍋焼きうどん屋さんが発達したんよと、オフ会でzioさんに教えて貰ったネタを披露すると感心されました( ̄ー ̄)ニヤリッ

このようにして、県外の人に指摘されて、松山食の特徴が良く分かりました。

Touki 砥部陶芸創作館では素焼きの皿や茶碗に、思い思いの絵付けを楽しみます。私も3回目ですが、何回やっても飽きません。

今は、ここで作ったぐい飲みを使っているので、2合徳利にトレードマークの(好物の?)蛸を絵付しました。

下絵の時はいまひとつでも、焼きあがるとそこそこいい感じになるのが、この遊びの面白いところです。カップルなどでも来てますので、未体験の方は、お試し下さい。

Zoo_1 砥部動物園のサルのコーナーです。

いつもここに来ると不思議に思う事があります。

100円で猿の餌(最中に4つほど固形餌が入ったもの)が売っていますが、最中の部分は軽くてなかなか檻の中の猿には届きません。まして、子供がやると檻の手前に90%は落ちてしまいます。餌を買わせる陰謀でしょうか?結局、いつも餌代で入場料を超えてしまうのです。

« 瓢太、全国進出か! | トップページ | 夏本番! »

うどん・そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632120

この記事へのトラックバック一覧です: 耕庵(砥部店)★★☆と砥部観光:

« 瓢太、全国進出か! | トップページ | 夏本番! »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008