« バックアップのススメ | トップページ | 禁断の締めラーメン;萬楽 »

2006年5月21日 (日)

焼き鳥;たけちよ

焼き鳥は子供の頃からの好物のです。

 小学生の頃、川を隔てた向こうにあるフジの食料品売り場で、お惣菜の甘たれ味付けの焼き鳥を買って貰い、その買い物袋を持って川の中の飛び石ブロックを飛んで帰った途中にどこかで落としてしまいました。その夜、楽しみにしていた焼き鳥を食べられず落ち込んだ私の姿を見た母が、いつもは”あなたが注意しないからよ!”と怒るのに”しょうがないね”と慰めてくれたのは、私の落ち込み振りが相当なものだったのでしょう。

田舎から”松山伊予鉄そごう”に家族で買い物に来たときは、地下でいつも焼き鳥の持ち帰りをねだっていました。

Kanban そんな焼き鳥好きの私にとって、愛媛は豊かな鳥食文化があるのでうきうきします。県民一人当たりの鳥カラ消費量が全国一という話を聞いたことがあるのですが、銀天街をとりからくんを片手に歩いている子供達を見ると納得です。4年前にUターンしてきた時の職場仲間との始めての飲み会は焼き鳥屋無味でした。

さて、昨日は焼き鳥口になっていたので以前から気になっていた”たけちよ”に向かいました。私は雑誌などで気になった店の情報を携帯の”行きたい店”グループに分類して置いていつでも電話出来るようにしています。家から近い桃太郎は既に満席、2軒目に電話して小学生連れでもいい事を確認した上で向かいました。

Mi ここの自慢は備長炭で焼き上げるシャモです。写真はシャモの身焼きで、歯ごたえがして、噛めば噛むほど野趣味にあふれた鳥のうまみがしみだしてきます。大皿に盛られて出てくるキャベツの千切りは食べ放題です。入店して気が付いたのですが、かつて3回ほど酔っ払った仲間と2次会として来た事がありました。奥の座敷席を改装されたようで、広く綺麗になっていました。

Kawa シャモの皮焼きは、ブロイラの鳥皮とは違い、皮の下の脂肪の臭みがありません。カリカリに香ばしく焼き上げられた串はビールにぴったりです。生を3杯流し込んだ後に芋焼酎魔王の水割りに変更です。

Ude_1 ”うで”は、手羽元の部分を焼いた後、食べ易く裂いて出されます。骨を持ってそこに張り付いた締まった腕肉を歯でこそぎ取ります。骨の近くの肉は一番うまい所ですね。子供用に注文した鳥の雑炊はあっさりしています。ポン酢で味付けして食するのですが、もう少し鳥の出汁がスープに欲しかったです。

 好きな焼き鳥は川串、駿河台、ぢどり亭、天狗系です。比較的大きく切った身を口の中にほうばって食べるのが好きです。東予方面独特の、甘い酢たれにつけて食べる方法は、折角ぱりぱりに焼けた鳥を湿らせてしまうので個人的に今ひとつです。

 店を出て、小腹の空いている食いしん坊家族はインディーズカシマシに吸い込まれました。締めケーキは寿命を少しくらい削っても外せないですね。Pound houseの前を通ると店の中がお客さんで一杯でした。夜にゆっくり座ってケーキを食べられる店、他にご存じないですか?最近甘党に目覚めたのでこの領域は弱いのです。

« バックアップのススメ | トップページ | 禁断の締めラーメン;萬楽 »

焼き鳥」カテゴリの記事

コメント

閉めは 北山軒の中華そば でしょ。
この場所からなら歩いて3分くらいだったのに。

えっ、知りませんでした。あの辺でしたか?行きたい予定店ファイルに入っていたのに!ところでさっきまつちかに行ったら鏡花だけがらがらでした。空いてたので入りましたが、そんなにまずくは無いのに。やはり環境のせいでしょう。次の企画ラーメンに期待!

http://nomchan.exblog.jp/2206311/
私のブログ記事に住所のところに地図リンクさせてます。
ご参考まで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632099

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き鳥;たけちよ:

« バックアップのススメ | トップページ | 禁断の締めラーメン;萬楽 »

最近の写真

  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008