ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

« 炭焼きホルモン;べこや | トップページ | Four Seasons; Thai料理 »

2006年4月30日 (日)

オフ会とは:万寿

Zioさん主催で、松山ラーメンブログ会(?)の第一回オフ会が、タール麺でおなじみの万寿@八坂で行われたのはご存知でしょう。タール麺の詳しい内容は各参加者のブログにお任せして(http://m-city.jugem.jp/?month=200604)(http://nomchan.exblog.jp/1965212)、私は初オフ会参加リポートをしようと思います。

 このブログを始めて数ヶ月で自然に同じような点に興味を持った仲間が、ネットの記事を通して情報交換を始めます。最初は情報の内容に惹かれていくのですが、徐々にこの人たちはどんな人達なのだろうと感じるのは世の常でしょう。直接会ってもっといろんな事を聞いてみたい!そこに今回のオフ会の掲示がありました。

まったく知らない人と初めて会ってその場はどうなるのだろう。ある程度相手の雰囲気はブログ上で分かっていてても不安なものでした。

『実際行ってみたら誰もいなかったらどうしよう?』

『急に英会話教室や保険に入るように勧められたらどうしよう?』

『相手の個人情報はどの程度まで聞いていいのだろう、逆に聞かれたときはどこまで答えるべきなのだろうか?』

『行ってみて、知ってる人だったら気まずいかな?』

『メンバーが変人の集会(自分のことはしっかり棚に上げて)みたいだったらどうやって中座しよう?』

その上に『今まで楽しくこのブログで出来つつあるバーチャルな関係が、実際会うことで、リアルになって、無くなってしまうのではないか?』

といった様々自問自答が、掲示板に参加の書き込みをする数日間、頭の中をかけめぐりました。友人に何気なく聞いてみると『面白そうだから是非行ってきていろいろ教えてくれや』との反応、家内は『相変わらず物好きね~、でも私も行きたい』、親は『バカじゃ!(あきれた感じ)』、弟は『にーちゃん、参加したらハンドルネーム(本番ではコードネームと言って笑われました)で、呼びあうんよ。”いけちゃんさん”みたいに(笑)、』と、反応は様々でした。

結局、元来の物好きと好奇心に押し切られ参加のボタンを押しました。

 当日、万寿の前に時間5分くらい前に着くと、店の前でジャケットを着たおしゃれな感じのおじさん(済みません)が、きょろきょろしています。しばらく見てると万寿横の建物の二階に消えていきます。後でそこが会場と分かったのですが、その時は店が違うと思っていたので『何だ、違う人だったのか!』と、勝手に納得。意を決して店に入るとカウンターだけで、そこの店の子供らしい女の子が一人で夕食中でした。内心『やられた!誰もいねー』。そのカウンターでオフ会するの?いや違うはずだ?店の人に場所を聞こうにも何の会って言えばいいの?そこで『済みません、今日ここで4-5人の集まりの予約ないですか?』とたずねたら、店の外から行く2階へ案内されました。

2階への階段を上っていると、前後にさっきのおしゃれおじさんと、会社帰りの若いサラリーマンが着かず離れずの間隔で上っています。お互いこの人達だと思っているのですが、誰も声を発しません。耐え切れず私が『オフ会ですよね』と尋ねると、『ハイ』の返事。ここで第一関門通過です。その後は、時間通りに4人が集まり、徐々に雰囲気も和みました。

参加メンバーに共通していたことは、

凝り性である、収集癖がある、貧乏性である(暇な時間にぼやーとしていられない)、人に物を教えるのが好きである、好奇心が強い、などです。もちろん食べることに興味があるので、打てば響くの情報交換。トラックバックのつけ方、オフ会の言葉の意味に始まり、松山の食文化の歴史(昔、銭湯と鍋焼きうどん屋はセットだった、瓢系の系図など)など、首を振りすぎて少しめまいに襲われるほど感心しっぱなしでした。日ごろ控えているまずかった店の話もオフ会ならでは。友人の間では、常にこの分野では教える立場の私も、未熟さと勉強不足に反省。初対面なのにこんなに共通の話題で盛り上がれる不思議な感覚を実体験しました。

松山グルメ好きの皆さん!参加前は不安だらけだったこんな私でも、本当に楽しかったです。是非次回には気軽に参加しましょう。それまでに会の名称を決めないと。。。食べ物がらみの名前って恥ずかしいから悩みますね。

« 炭焼きホルモン;べこや | トップページ | Four Seasons; Thai料理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダハハ(^0^) タラバ蟹ぃ 元 トラバ返し でございます。

初回で2次会無しの流れ解散でしたが、次回は返しませんことよ~~。
次回は、本当に怖いラーメン屋で怖いお兄さんに囲まれるかも??
いやいや、女性のブロガー参加で全然違う雰囲気になるかも??

いずれにしましても、次回が楽しみですね。\(^_^)/

Nomchanさんへ。お陰様で”初トラバ(2箇所同時送り)”に成功しました。師匠の電光石火の”トラバ返し”痛み入ります。GWはグルメ修行に研鑽を積んで第2回に備えておきます。昨日は自転車でうどん市、うどんの永木の場所確認に行ってきました。三津方面は手付かずだったので楽しみです。よろしくお願いします。

私もトラックバックしましたです。 おしゃれな叔父さんって、 もともとzioは叔父さんって意味だから 「おしゃれ」付いたから 出世した気分です。

次は何処でしましょうかね、 皆さん来やすい所をセットしなければと思ってます。

まりちゃんは やっぱり少人数の方がいいかな? 女性にはお奨め出来かねるので また いいところあったら教えてください。

豚太郎でもいいですよ^^

勝手に”お洒落な叔父さん”呼ばわりして済みません。なんせ”勝手に”松山ミシュランなもので。さて、会の名前と次回の場所は早急に対応しなければいけない検討事項ですね。勝手に”万寿の会”なんていかがですか?次回の場所は、個人的には眠眠に興味があります。夜もやっていて座敷はあるのですか?もう少しお洒落な場所もいいけど、前回のように男会になった時につらいかも。御啓示(掲示?)をお待ちしています。そうだ!まりちゃんで相談しますか?yohoo-mailお待ちしています。

眠眠 凄く狭いし 夜は異常に早く閉まります(7時半くらい)ので、 ちょっと不適当だと思います。

万寿の会で名前は十分かと、 まりちゃんは怖いし 台北にもタールー麺ありますが 狭いんで 行きそびれた烏の鳥そばなんかも良いですよ、 後はまたブログで募集したりするのも楽しいと思います。

オフ会お疲れ様でした。
書き込みが遅くなり申し訳ありませんでした。
松山市内の地名や土地柄などは少し不慣れなもので、なかなか地名や店名でピンとこなかったのが、個人的にはもどかしいものがありました。
しかし、ラーメンのネタになると俄然興味がわいてくる分、いけちゃんさまのオールラウンダー的なネタの振り方はうらやましかったです。頭がなかなか柔軟じゃないもので(^^;
また、次回のオフ会にも参加したいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632091

この記事へのトラックバック一覧です: オフ会とは:万寿:

» zioさんのラーメンオフ会 於:万寿 [nomchan.com]
    松山のラーメンブログ界(←勝手に騙るなぁー)も盛り上がりつつあります!?      zioさんのお声がけで、集まった人けん坊さんといけちゃんさんと私の男4人・・・。   あれ?おーちゃんさん(おねーチャンではありません)も来るはずでしたが忙しかったかな?        それとも店の横の階段を上がった2Fの宴会場の為、迷子になりましたかね?                                          まぁーまた次回ヨロシク。       とりあえず、酒の肴でオー... [続きを読む]

» 万寿のタール麺 [Gatto e tagliatelle di Matsuyama]
第一回 みんなでラーメンを食べるぞオフ会ということで 4人のラーメンマニアが一同に会し 伝説のタール麺をいただきました。 オフ会は初めてだったし人数も少なかったので 予約もしていなかったのですが 急遽 それではいけないと 万寿さんに予約の電話を、 しかし 「すみませんラーメンの会で予約なんですけど zioと言います・・・」って凄く恥ずかしいので 次回からそれらしい名前を考えておきますです。 それに初対面だから誰が誰だか解らないので 今度から赤い薔薇の花でも付けることにしましょうか? 参加メン... [続きを読む]

« 炭焼きホルモン;べこや | トップページ | Four Seasons; Thai料理 »

最近の写真

  • Dsc_0018_00001
  • 20170402_9_38_11
  • Dsc_0084_00015
  • Dsc_0079_00014
  • Dsc_0073_00011
  • Dsc_0076_00013
  • Dsc_0068_00012
  • Dsc_0060_00010
  • Dsc_0058_00009
  • Dsc_0055_00008_2
  • 20170402_9_37_37
  • Dsc_0027_00001_2