« Cabaret; 市駅前にお洒落なレストランバー登場 | トップページ | 松山観光 »

2006年1月15日 (日)

闇市ジョニー

松山ミシュランHP掲示板常連のしらやんからの情報です。松山に初登場の立ち飲み炭火ホルモン焼きです。

20060114yami1 八坂通りのキスケパーキングの角を勝山通り方向(東)に少し歩くと右手に見えてきます。立ち飲みだけ10人程度の狭いカウンター席です。6人で入店しましたが、食べ終わりかけのお客さんを追い出す形でやっとスペースがキープできました(あの時の方、有難うございました)。

20060114yami2 生ビールで乾杯の後は、各種ホルモン系を注文しましたが、まず登場したのが生レバー。このメニューはその店の実力を見るために焼肉系の店では必ず注文するのですが、期待を裏切りません。新鮮で甘いのです。

20060114yami3 カウンターの上には2-3人に一つの割合で七輪が置いてありその中では完全に起こった炭が敷き詰めてあり、ややドーム型の網が固定してあります。写真の七輪の上で燃えているのは店で一番高い特選ロース。霜降りで口の中で融けたのは言うまでも有りません。

20060114yami4 焼きレバー、子袋(豚の子宮)、豚の直腸、キムチ盛り合わせを、各人思い思いの飲み物(生、ホッピー、コーラなど)で、流し込んでいきます。どれも新鮮な肉でまったく臭みもありません。たれは大阪鶴橋仕込みとの事であっさりしてます。体重の事が気にならなければどんぶり飯片手にかき込みたいところです。

私たちが食べている間に3-4組が店をのぞいては、満員を見てあきらめて行きました。ビールの空きケースを重ねた上に座ることもできるのですが、店が込ん出来たら立ちましょう。その方が雰囲気もでます。ぐびぐび飲んで、じゃんじゃん焼いて、食べ終わったら順番を譲るのが、この店にがんばって頂く為の礼儀だと感じました。帰宅したら炭火焼肉の匂いの付いた服を洗濯機に放り込み、風呂に入って寝ないと大変です。記事を書いているうちに行きたくなってきました。

« Cabaret; 市駅前にお洒落なレストランバー登場 | トップページ | 松山観光 »

肉・焼肉」カテゴリの記事

コメント

知りませんでした、 いい店どんどん出来てるんですね、ありがとうございます。 行ってみます

それから 最近ホッピー流行なんですか? 電気ブランとかホッピーとか 松山ではトンとお目にかかったことなかったのに 最近この手の店で よく目にしますね

”立ち飲みホルモン屋”って響きがいいですよね。是非、においが付いてもいい服で行ってみてください。確かに最近立ち飲み系の店でホッピーを見かけますよね。中身はホワイトリカーなので、学生の頃に死ぬような思いをして二日酔いした”樹氷”などを思い浮かべて私は気が進みません。浅草のホルモン焼き屋では良く見ましたけどね。

トラックバックのテストです。無視してください。
小泉政権、ライブドアショック、ブログ、ジャックダニエル、フォアローゼズ、

お世話になります。ジョニーです!戦後の闇市、昭和の色濃い立ち飲みスタイル!日本が一番元気で活気があった時代!そんな夜が闇市ジョニーにはありますよ!七輪で自分色に焼いてください。ホルモンはもちろん、沖縄の楽器、三線(さんしん)で近い内にイベントを考えております。詳細はスタッフまで!

お店のオーナーさんに来ていただけると光栄です。たびたび前を通るのですが、一杯で入れません。また、チャンスを探ってみます。これからも当ブログ宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193869/12632070

この記事へのトラックバック一覧です: 闇市ジョニー:

» ホッピー [知ってる飲み物をちょっと観察]
ホッピーホッピー(ほっぴー)とは、ホッピービバレッジ(株)が1948年に発売した、麦酒様清涼飲料水。(ホッピーはホッピービバレッジ(株)の登録商標)発売当時ビールが高嶺の花で有ったことから、ビールの代用品として「焼酎割飲料」として爆発的に売れた。ホッピー5:焼酎1の分量で割るとアルコール度数5パーセ...... [続きを読む]

« Cabaret; 市駅前にお洒落なレストランバー登場 | トップページ | 松山観光 »

最近の写真

  • 20170317_16_50_57_2
  • Dsc_0068
  • Dsc_0060
  • Dsc_0033
  • Dsc_0063
  • Dsc_0067_3
  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009