ウェブページ

勝手に松山グルメガイド

  • 県内の書店、空港、松山駅でも!

Google 検索


  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    このブログ内を検索

2017年1月20日 (金)

石畳の宿 

内子からちょっと山に入ったところに、それはそれは素敵な落ち着いたお宿があること、ご存知ですか?

Dsc_0001

石畳の宿

暗くなってからの時間に行ったので、周りの風景は良くわかりませんでしたが、見上げる空で降る様に瞬く星をみるだけで、ここが空気のいい山の上だということはわかります。

Dsc_0008

家の中に入ると、囲炉裏からいい香りが、木造の田舎造りの部屋の中に広がっています。畳の部屋の中には手書きで英語の案内があり、この宿が海外の方には既に知られていることに驚きます。

Dsc_0009

あまごの塩焼き

川魚は遠火でじっくり焼くと、皮がパリッとして身の水分がバランスよく飛んで味が濃縮しおいしいのですが、なかなか家の魚焼き器ではそうはいきません。

Dsc_0029

彩りのいいコールスローにも、このエリアの野菜の豊かさを感じます。

Dsc_0033

こちらの名物の一つは、季節の山の恵みの天ぷら。

Dsc_0052

紅色の花はさざんか。初めていただきましたが、花弁がさっくりと揚がっていてほのかな甘みのある味わいです。

Dsc_0047

さあ、いい感じで会食が始まりました。

この日は私の尊敬するある方の取材に同行させていただいたので、詳しいことは控えますが、おいしいものをいただきながらの楽しい会話が、自宅のようにくつろげるこのお宿で盛り上がっていきます。

Dsc_0014

県外や海外からゲストが来たら、今度はここに一緒に泊まってみたいと思わせる、日本の原風景を感じさせてくれる最高のお宿なのです。

2017年1月17日 (火)

一りん

AZAさんが、facebookで家族を連れてお出かけしていたのを拝見し、是非とも行きたいとメモをしていたお蕎麦屋さんに突入です。

一りん

一番町から東高へ向かい、その手前の道を右折(南下)すると左手に見えて来ます。駐車場は店の前にも二台ぶんありますが、少し狭いので、道を挟んだところが広くて止めやすそうです。


メニューはこんな感じで、全体的にお得な感じ。天丼420円って最近あまり見ない値段設定で、嬉しくなります。

私がお願いしたのは、


ざるそば


麺がきっちりしまって冷えています。やや甘めの出汁に半分ほどつけて、ズズズ〜とすすって参りましょう。


天ぷらそば

エビが二本も乗っており、素敵なフォルムです。ざるの出汁が甘めだったのと対照的に、かけの出汁は甘みは押さえてあり、あっさりしています。出汁本来の風味と、天ぷらの衣が少し溶けて味が深まっていく過程に安心感を覚えながら魅了されて行きます。


ミニ穴子ちらし

AZAさんに、是非ともと勧めていただいた一品で、こちらの名物。穴子はふっくらと柔らかく、甘辛の出汁を含んでいます。薄い卵焼きをまぶしたご飯のやさしい甘さと混ぜ混ぜしながらいただくと、おお〜、ふわ〜んと全身に幸福感が沸き起こって来ます。丁寧な仕事が舌を通じて心まで揺さぶることを証明してくれるお味。これ、かなりおすすめです。



ばってら

こちらの鯖の身も綺麗ですね。しっかりと浸かっており、これでビールか日本酒をいっぱいやりたくなるような凝縮した旨みがあります。

街から勝山通りの向こうまでちょっと足を伸ばせば、こんな素晴らしいお店があるのかと再認識。またしても、市内蕎麦屋ローテーションの先発メンバーが増えたのです。

2017年1月15日 (日)

お好み焼き つるおか

ken-ta-roさんのブログ・親父放浪記で紹介されていたこちらのお店が、どうしても頭から離れず、休日昼間に満を持しての突入です run

つるおか食堂

196号線の本町5丁目電停ちかくで、住宅地の細い道にぽつりとあるので、しっかり場所を確認してから向かいましょう。店の前には2台ほど止められる駐車場があり、今回は運よく入れましたが、詰まっているときは近くのコインパーキングを勧めていただきました。

さて、

このレトロな雰囲気に、一気に心を奪われます。カウンターの大きな鉄板の前では、常連のタクシー運転手さんと、お店のご夫婦が老後の趣味の話で盛り上がっています。

お好み焼き 豚肉 そば たまご

キャベツたっぷりのあっさり味。寒くなり増したキャベツの甘みと、麺のもちもち感を楽しみながら、パクパクといくらでもはいります。

焼きそば 牛肉 玉子入り

焼きそばはもっちりとして、食べ応えがあり、半熟状態の薄焼きの卵焼きを絡めながら、ずんずんと吸い上げていきます。ちくわや、唐辛子のピリ辛がいいアクセント。

鉄板で先に牛肉を炒めてから作っておられましたが、その脂がいい感じで麺に回って味に深みを増しています。

ここを教えていただいたken-ta-roさんは、電話でお願いしておいておやつやご飯としてよく持ち帰りをされるそうです。

うどんや、中華そばのメニューもあり、次は日曜の昼にでも瓶ビール片手にゆっくりしたいものです。

2017年1月10日 (火)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2016冬 後半 

さて、前々回の続きです。

いっしゅうさんに、「美味しいのはわかるのですが、いつもと違うところに行きたいです」と、弟子とは思えない厚かましいお願いをしていたので、今回は行ったことがない店が組み込まれています。

5軒目

田舎そば 川原

山の中の田園風景にぽつりと現れる、讃岐なのにそば専門店。それにしても、いっしゅうさんの引き出しの多さには、いつも驚かされます。

名物は田舎そばと、韃靼そば

糖の吸収を穏やかにして、血圧を下げて、血管を強化する作用があるといわれているルチンを含んだ、韃靼そばをお願いします。

別名苦そばというそうですが、味はあっさりしており、やや太めで柔らかい麺。醤油味のしっぽく風で野菜をしっかりいただくことができます。

6軒目

雨がぽつぽつ降り始めて、綾川町うどん会館で休憩。

と、思いきやここから歩いて5分程度の、

松岡へ。

住宅地にあり、地元っぽい感じの人たちで満席の、人気店。こちらも初なので、かけ小。

もっちりして存在感のあるしこしこ麺と、出汁の効いたすっきりした味わい。後半は海老のかき揚げをだしに溶かし込んで、コクを深めながら満足の完食。ここだけでしっかり食べたくなるような名店です。

さて、

最後の7軒目は、香川県の愛媛県との県境付近まで戻ります。

剛麺で、いりこと塩気の効いたインパクトのある一杯。こちらは最近時々休みになるので、facebookで確認してからの突入。出汁に使ったいりこを揚げたものは無料でトッピング。

松山には14時に帰ることができて、半日でしっかり堪能したのでした smile

2017年1月 8日 (日)

10日までですよ!もぎたてまつり

さあ、三越でもぎたてまつりが、始まりましたよ〜


県内の名店が一気に集合


三津浜焼きも来てますね、


熊福の卵は有名ですが、東予で行けてなかったので、即購入。


玉子焼きはあっさりいただける美味しさ


卵かけご飯にしても、この新鮮さと濃厚な黄身はさすが有名店

さあ、今日も2日続けて行こうかなっと?

2017年1月 5日 (木)

いっしゅうさんの讃岐うどんツアー2016冬前半 

2017年になったのは知っているのですが、去年の記事がまだ少し残っており、いつも年号をつけて紹介しているシリーズなので、こんな感じのタイトルになっております coldsweats01

さて、

すっかり寒くなり、うどんの恋しい季節がやってまいりました。

今回の讃岐うどんツアーは、運転手もするのでぜひ参加したいという、とんがりヘアーのM君を新メンバーに加え、まだまだ暗い5時半スタートで讃岐に向かっています rvcar

一軒目

上杉食品

朝6時半から開いているので、このツアーシリーズでも何度も訪れています。もともとは食料品店だったようですが、今ではすっかりうどん屋さん。店の奥で湯がきたてのうどんを、土間に並んだテーブル席に座っていただきます。

ゆでたてもっちりの麺と、すっきりくっきりのスープが、眠っている胃袋をゆっくりと作動させてくれます。トッピングのためだけに揚げられた天かすと、一味をちょっと振っていただくのがおすすめ。スープを飲み干したくなるのですが、この後があるので我慢なのです。

二軒目

天満製麺所

金比羅山の近くにある隠れた名店。私が初めて連れて行ってもらった時と同じく、初参加のM君に、どこにお店があるか分かる?と質問。当然わかるわけもなく、ここですか~?のテンションで車を降ります。

お店ではすでに釜から麺がゆで上げられ、冷水で締められた状態で並んでいます。ここは完全に製麺所なので、どんぶりから箸まで持参。

その中から麺をひと玉いただき、いっしゅうさんが用意してくれていた丼に入れて、同じく用意していただいていたショウガをすって、ねぎを入れて、醤油をかけまわします。

空気を含んだような軽くて柔らかい舌触りと、かみしめるとしっかりした腰で、久しぶりに訪れた名店の実力を堪能。これで、麺の代金のみ、ひと玉70円ていうのが、讃岐うどん文化の奥深さを再確認することになるのです。

今回は、初参加のM君がいるので、いっしゅうさんのお店のセレクトもベスト盤のような素晴らしいラインナップです。

三軒目

山内うどん店

郊外の田んぼ道の踏切を超えて、ちょっとした丘に上がっていくと登場。外には薪がうずたかく積み上げられており、茹で釜はそれを燃料としています。店頭で販売している新米を、いつも甘南備さんが買われており、自宅でもとっても美味しいと評判だとのこと。それを伺って、私も購入いたしましたが、我が家でも大評判です。

年末が近いせいか、めずらしくそばも打っておられます。

限定品は食べておかないといけない性分なので、かけそばに天ぷらを載せて完成。不揃いな麺の太さが口腔内でぶりぶりっと暴れます。おほほ、幸せ~~ happy01

4軒目

おなかの動きも拍車がかかってきて、まだまだ腹三分ってとこでしょうか。

兼平屋

まんのう町の小さい神社のわき道を入ったところに、ひっそりとたたずむお店。私も初なので、期待が高まるのですが、開店の10時まで1時間弱あります。

臨機応変な大人5人は、じゃあ散歩でもと川を超え、朝の田舎道を楽しみます。

店内はこじんまりといい感じで、おでんや稲荷もおいしそう。

名物、いかの握り天を分けていただきながら、着麺を待ちます。

普通のうどんもあるのですが、品切れでないときもある限定まいまいうどんを注文。うどんの耳、つまり端っこの部分。厚みのあるきしめんのような幅広麺。もちもちした食感で、これ癖になる官能的快感です delicious

さあ、

4軒目を終えても、まだまだ余裕の胃袋の一行は、初冬の讃岐道を再び進むのです。

2017年1月 2日 (月)

Petit Paris 

🎍 2017年、新春あけましておめでとうございます 🎍

2006年1月6日に始まった当ブログも、丸々11年を過ぎ12年目に突入しようとしています。

右肩上がりの体重増加と、それに反比例した運動量や食欲の低下は否めませんが、これからも健康に気を付けながらマイペースで更新していくつもりですので、今後ともゆるーく応援をお願い申し上げます fuji

遅筆なものですから、新春からしばらく、昨年のネタが続きます。

さて、

chipさんのブログで拝見してから気になっていた、畑寺のパン屋さん。

洋食のシェフが作る洋風総菜もおいしいとのうわさで、カーナビを頼りに突入ですrvcar

Petit Paris

姫彦温泉の近くの住宅街にはいってすぐに、看板がみえてきます。

小さい店内のショーケースには、洋食総菜がたくさん並んでおり目移りします。

横のショーケースにはパンがずらり。狭い店舗ですが品揃えは豊富。カウンターのすぐ奥でパンを焼いている姿がみえ、手作り感にワクワクします。

夜はワインを用意して、自宅で本格フレンチをいただきましょう restaurant

自家製ローストビーフ

しっとりとした柔らかい肉をじっくりとかみしめ、肉の脂と一緒に赤身のうまみを堪能。

パテ・ド・カンパーニュ

素材のやさしさと作りの丁寧さが伝わってくる一品。値段設定も家庭で楽しめる感じで、自宅でこの味と雰囲気が楽しめるのは、ある意味革命的かもしれません。

サーモンの白ワイン蒸し バジルソース

サーモンの身が厚く、蒸されていてもぱさぱさ感がなく食べ応えのある仕上がり。家庭的な雰囲気が自然体で、とても幸せな気分になれるのです。

さてさて、

買い出しでお勧めなお店をもう一つ紹介しましょう。

まずは、この惚れ惚れする肉の色をご覧ください。

タン、はらみ、トロツラ、かいのみの4種類。かいのみは少しお高めでしたが、ほかの部位はこの新しさで、ちょっと遅い時間に行けば半額割引で手に入ります。自宅でホットプレートでいただきましたが、塩だけでじっくりかみしめながら、あっさりした中にある赤身のうまみをがっつり堪能。

この美しさとおいしさ、コスパの良さで、もう他では焼き肉用の肉を買えなくなってしまうかも。豚タンや牛ホルモン系もあり、同じ店内には新鮮な野菜が産地から直行。

東温市の全農ふれっしゅ広場の精肉コーナー taurus pig

ぜひ、覗いてみてください smile

2016年12月29日 (木)

旦過市場@小倉から帰途へ 

土曜一日で3記事もかけてしまうくらい、充実した下関、小倉旅行ですが、

翌日日曜は、かるく観光して帰途に就きます。

商店街の大きな地図を眺めながら、どこに行こうか思案。

あ、そうだ、お土産も買わないとと思い出し、商店街で老舗の雰囲気を醸し出している湖月堂にふらりと引き込まれます。

こちらの名物は栗饅頭だということでお土産として購入。おいしそうだったので、その場で一ついただくと、お茶まで出していただきます。あっさり上品なあんこと、しっとりした皮のコンビネーションで、さすがの一品。洋菓子より和菓子を体が求める年齢になってきています。

さて、本日の目的地は

旦過市場

商店街を10分も歩くと到着です。

日曜は休みの店が多いようで、この日は雰囲気だけ楽しみます。

近くだったら晩酌のお供に買いたい鯨

お肉屋さんの雰囲気もレトロな感じでいいですね~ happy01

さてさて、

新幹線で福岡駅に戻ると、駅前にフードコートが出てクリスマスイベントをやっています。ちょうどアンパンマンショーが始まったところで、生アンパンマンを初めて見ながら、地ビールをいただきます。

福岡空港は大規模な工事中で、搭乗口が二つに分かれ、建物の中はコンパネで仕切られて迷路のようになっています。

二階で先駆けて開業しているお店に入り、九州の地酒を煽りながら、

新鮮なイカを堪能。生き造りではありませんが、耳やげそは塩焼きや天ぷらにしてくれます。このレベルの酒とツマミが福岡空港にできたので、これからは空港に早くついても退屈しませんね。

一泊二日の弾丸ツアーでしたが、すっかり心の洗濯ができたのです happy02

2016年12月27日 (火)

你好からの万龍@小倉

小倉の老舗居酒屋武蔵の実力に、すっかり胃も心も奪われてしまった一行は、タクシーで郊外へと移動します rvcar

中華料理 你好

なぜここで、郊外の中華料理屋さんを選んだかは、最後に説明しましょう。

お店の方は中国北部出身の女性の方三人。ジャガイモサラダを摘まみながら、お話を伺うと、餃子が有名なエリアだと判明します。

酢豚

肉が平べったいのが特徴で、からりと揚がっており、かみしめると甘辛のたれからジュワリと豚脂汁が飛び出てきます。あっさり炒められた野菜の歯ごたえと甘みを感じながら、ここいいね感が盛り上がってきます。

焼餃子

羽ごとサクッといただき、閉じ込められた具のエキスがたまりません。

水餃子

中国の餃子といえばこれ。二十歳の時に一か月間バックパックで中国を回ったのですが、その時に感動した皮のもっちり感とつるっとした舌触りを思い出します。これ、無限に食べられるかも。

これだけを食べるために再訪たくなるレベルです。

さあ、

〆のラーメンは、行きのタクシーの運転手さんに教わった東洋軒に向かいますが、すでに閉店。帰りの運転手さんお勧めの、

万龍に、気合いを入れての突入です。

業務連絡ですが、この写真にうつっている方の奥さん。いつもブログを見ていただいているとのことで、ありがとうございますhappy01

さて、

夜だけやっているお店は、10人で満席くらいのサイズですが、数分の待ちで入店。

デフォルトのとんこつラーメンは、見た目よりあっさりしていて、ピュアな味。決して物足りないわけではなく、丁寧にうまみを抽出している印象で、後を引いてしまうコクです。

ストレート麺に絡めながら、あれだけ食べてきたのに、最後までスルスルと入ってしまうのです。

最後は、

昼に唐戸市場で偶然の再会を果たしたBちゃんたちと合流し、小倉の夜を予想以上に堪能するのです。

さてさて、

今回私が参考にしたのは下記メッセージ。顔の広い専務に、小倉に行く前に相談したら、小倉地元の知人の方がリストを作成してくれました。今後の参考に添付しておきます。

やはり、地元情報は鉄板 happy02 おかげさまで、とても充実した夜になり、ありがとうございました。

2016年12月22日 (木)

武蔵@小倉

下関の唐戸市場で昼間っからやりあげたので、小倉に戻りアパホテルにチェックインして一休み。前払い制で1万8千円と言われ、いくら土曜日とは言え、シングルのビジネスにしては高いなあと、ホテルの方に伺うと、当日予約なら2万1千円ですとのお返事。でも、平日は5千円で泊まれる日もありますよと言われ、最近のホテル事情の勉強になるのです。

さて、

夜は、別日程でやってきている同僚と合流し、武蔵へ。

6時前に突入したのですが、一階の長いL字のカウンターはすでに満席で、後ろで待っている人もいます。老舗のイメージとすこし違い、定員さんは若い女性が中心なのですが、その中にリーダー的女性がいて、威勢よく店を仕切っています。

予約をしていたので、二階席へ通されます。

二階席は畳の広いワンフロア-で、スペースに余裕をもって掘りごたつ席が並んでいます。壁のメニューは、酒のつまみの王道が揃っており、街中なのに値段もうれしくなる設定です。

席に座わり、先に来ていた同僚と、ここはいいね~としみじみ。

いい感じのしまり具合のしめさばをつつきながら、再び旅愁気分が盛り上がり始めます。

手前は、いわしのじんだ煮

小倉の名物で、じんだは糠味噌の別名。いわしを糠味噌で炊いたもので、味がよく独特の香りがあるので、ちょっとずつつまみながらの酒のあてに最高なのです。

酒は、冷でも熱燗でも、このアルミ製のちろりでやってきて、桝に入ったグラスでいただきます。桝のなかには、木がすり減った年代物もあり、昭和28年からの歴史を感じます。

隣の席では、80歳は超えているだろう老夫婦が、しっぽりと飲んでおられ、若いときからここに通っておられるのだろうなと、想像が膨らむのです。

ふぐ刺

きりたての新鮮さが身の表面にあらわれており、もちっとした食感とじっくりかみしめると立ち上る冬のふぐのうまみがたまりません。この量と品質で1900円とは、さすが地元。

九州に来たからにはと、馬刺し。ルイべと表記してあり、溶けても新鮮な感じ。

串カツ

どこにでもありそうなのですが、これが絶品。カツは平べったく伸ばしてあり、ソースをかけてサクッとかじると、衣の油と豚の脂がじゅわっと染み出てきて、口腔内唾液腺崩壊状態。生ビールを追加注文して、ぐび~とあおると、アブラレナリン全開です smile

隣の老夫婦がつついていた鍋を注文。

このアルミの感じが、いいですね~。

さあ、エンジンもかかってきたので、ぼちぼち次の店へとハシゴなのです happy01

«唐戸市場@下関

最近の写真

  • Dsc_0014
  • Dsc_0047
  • Dsc_0052
  • Dsc_0033
  • Dsc_0029
  • Dsc_0009
  • Dsc_0008
  • Dsc_0001
  • Asdim2435
  • Asdim2432
  • Asdim2429
  • Asdim2423